田中賢治の業績リスト
(List of Research Papers of Kenji Tanaka)


完全査読付論文

Saber, M., T. Hamaguchi, T. Kojiri, K. Tanaka : Hydrological Modeling of Distributed Runoff Throughout Comparative Study Between Some Arabian Wadi Basins, Annual Journal of Hydraulic Engineering, JSCE, Vol.54, 2010.

Souma, K., K. Tanaka, E. Nakakita, S. Ikebuchi, K. Takara : The effect of soil moisture on a summer time convective rainfall in central Japan, Monthly Weather Review, 2009. (submitted)

橋本直之, 牧 雅康, 田中賢治, 田村正行 : 作物農事暦推定にむけたLAI時系列変化パターン抽出法の検討, 日本リモートセンシング学会誌, 29(2), pp.381-391, 2009.

Rutter, N., R. Essery, J. Pomeroy, N. Altimir, K. Andreadis, I. Baker, A. Barr, P. Bartlett, A. Boone, H. Deng, H. Douville, E. Dutra, K. Elder, C. Ellis, X. Feng, A. Gelfan, A. Goodbody, Y. Gusev, D. Gustafsson, R. Hellstrom, Y. Hirabayashi, T. Hirota, T. Jonas, V. Koren, A. Kuragina, D. Lettenmaier, W. Li, C. Luce, E. Martin, O. Nasonova, J. Pumpanen, R. D. Pyles, P. Samuelsson, M. Sandells, G. Schadler, A. Shmakin, T. G. Smirnova, M. Stahli, R. Stockli, U. Strasser, H. Su, K. Suzuki, K. Takata, K. Tanaka, E. Thompson, T. Vesala, P. Viterbo, A. Wiltshire, K. Xia, Y. Xue, and T. Yamazaki : Evaluation of forest snow processes models (SnowMIP2), J. Geophys. Res., 114, D06111, 2009, doi:10.1029/2008JD011063.

萬 和明,田中賢治,中北英一:水収支に基づく土壌水分推定値の精度評価,土木学会水工学論文集, 第53巻,pp403-408,2009.

Fujihara, Y., S. P. Simonovic, F. Topaloglu, K. Tanaka, T. Watanabe : An inverse-modeling approach to assess the impacts of climate change in Seyhan River basin, Turkey, Hydrological Science Journal, Vol.53, No.6, pp.1121-1136, 2008.

Fujihara, Y., K. Tanaka, T. Watanabe, T. Nagano, T. Kojiri : Assessing the Impacts of Climate Change on the Water Resources of the Seyhan River Basin in Turkey: Use of Dynamically Downscaled Data for Hydrologic Simulations, Journal of Hydrology, Vol.353, Issues 1-2, pp.33-48, 2008.

Hanasaki, N., S. Kanae, T. Oki, K. Masuda, K. Motoya, N. Shirakawa, Y. Shen, K. Tanaka : An integrated model for the assessment of global water resources - Part 1: Model description and input meteorological forcing, Hydrology and Earth System Sciences, Vol.12, pp.1007-1025, 2008.

Hanasaki, N., S. Kanae, T. Oki, K. Masuda, K. Motoya, N. Shirakawa, Y. Shen, K. Tanaka : An integrated model for the assessment of global water resources - Part 2: Applications and assessments, Hydrology and Earth System Sciences, Vol.12, pp.1027-1037, 2008.

藤原洋一, 田中賢治, 渡邉紹裕, 小尻利治 : GCMs・ダウンスケーリング・水文モデルに起因する温暖化影響評価の不確実性, 土木学会水工学論文集, 第52巻, pp.373-378, 2008.

甲山 治, 田中賢治, 池淵周一 : 現地調査に基づく衛星解析と陸面過程モデルを用いた中国史灌河流域における水利用推定, 土木学会水工学論文集, 第51巻, pp.211-216, 2007.

Umetsu, C., K. Palanisami, Z. Cokun, S. Donma, T. Nagano, Y. Fujihara, K. Tanaka : Water Scarcity and Alternative Cropping Patterns in Lower Seyhan Irrigation Project : A Simulation Analysis, Journal of Rural Economics: Special Issue 2007, pp.567-574, 2007.

小森大輔, 生駒栄司, 宮崎 真, 沖 大幹, 安形 康, 鼎 信次郎, 里村雄彦, 白木克繁, 田中賢治, 中尾忠彦, 根本利弘, 芳村 圭 : 全球地球観測システム(GEOSS)採択研究「地球観測による効果的な水管理の先導的実現」に基づくタイ国Mae Wang流域におけるリアルタイム水文気象観測データモニタリングシステムの展開, 水文・水資源学会誌, Vol.20, No.3, pp.235-241, 2007.

Kerkhoven, E., T.Y. Gan, M. Shiiba, G. Reuter, K. Tanaka : A comparison of cumulus parameterization schemes in a numerical weather prediction model for a monsoon rainfall event, Hydrological Processes, Vol.20, No.9, pp.1961-1978, 2006.

Tanaka, K., Y. Fujihara, T. Watanabe, T. Kojiri, S. Ikebuchi : Projection of the impact of climate change on the surface energy and water balance in the Seyhan River Basin Turkey, Annual Journal of Hydraulic Engineering, JSCE, Vol.50, pp.31-36, 2006.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 夏季の山地域における対流性降水に土壌水分量の違いが与える影響, 土木学会水工学論文集, 第50巻, pp.517-522, 2006.

萬 和明, 田中賢治, 池淵周一 : 全球灌漑要求水量と降水量の相関分析, 土木学会水工学論文集, 第50巻, pp.535-540, 2006.

伊藤洋太郎, 茂木耕作, 相馬一義, 萬 和明, 田中賢治, 池淵周一 : 詳細な陸面過程を組み込んだ雲解像モデルを用いた練馬豪雨発生に対する都市の影響評価, 土木学会水工学論文集, 第50巻, pp.385-390, 2006.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 琵琶湖周辺の対流性降水に地表面状態及び局地循環が与える影響の検討, 土木学会水工学論文集, 第49巻, pp.259-264, 2005.

甲山 治, 山田賢治, 田中賢治, 池淵周一 : 衛星起源の植生状態量及び地上気象データを用いた土地被覆と生育作物の判別, 土木学会水工学論文集, 第49巻, pp.373-378, 2005.

萬 和明, 田中賢治, 池淵周一 : NDVI時系列解析による全球作物分類図の作成, 土木学会水工学論文集, 第49巻, pp.379-384,2005.

玉川一郎, 田中賢治, 石田祐宣, 樋口篤志他 : 琵琶湖プロジェクト2002年フラックス面的集中観測(Catch A Plume by SATs:CAPS):その概要, 水文・水資源学会誌, Vol.17, No.4, pp.392-400, 2004.

甲山 治, 田中賢治, 池淵周一 : 中国淮河流域における農業形態の推定と陸面過程モデルへの適用, 土木学会水工学論文集, 第48巻, pp.211-216, 2004.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 非静力数値気象モデルへの詳細な陸面過程モデルの導入, 土木学会水工学論文集, 第48巻, pp.127-132, 2004.

石田祐宣, 松島 大, 樋口篤志, 檜山哲哉, 戸田 求, 浅沼 順, 玉川一郎, 宮崎 真, 田中賢治他 : 2001年筑波大学陸域環境研究センター(TERC)における乱流計測機集中観測: 機器比較と校正による誤差の解析, 水文・水資源学会誌、Vol.17, No.1, pp.43-60, 2004.

Boone, A., F.Habets, J.Noilhan, D. Clark, P. Dirmeyer, S. Fox, A. Pitman, Y. Gusev, O. Nasonova, I. Haddeland, R. Koster, D. Lohmann, K. Mitchell, S. Mahanama, G.-Y. Niu, J. Polcher, S. Vérant, A. B. Shmakin, K. Tanaka, B. van den Hurk, D. Verseghy, P. Viterbo, Z.-L. Yang : The Rhône-Aggregation Land Surface Scheme Intercomparison Project: An Overview, Journal of Climate, Vol. 17, No. 1, pp.187-208, 2004.

田中賢治, 坪木和久, 椎葉充晴, 池淵周一 : JSM-SiBUCを用いた梅雨前線の数値計算を通じた外部境界データの評価, 土木学会水工学論文集, 第47巻, pp.85-90, 2003.

甲山治, 田中賢治, 池淵周一 : GMS-5データを用いた毎時間日射量データ推定手法の開発, 土木学会水工学論文集, 第47巻, pp.43-48, 2003.

立川康人, 宝 馨, 田中賢治, 水主崇之, 市川 温, 椎葉充晴 : 中国淮河流域における河川流量シミュレーション, 水文・水資源学会誌, 第15巻, 第2号, pp.139-151, 2002

田中賢治, 中村忠則, 椎葉充晴, 池淵周一 : 地表面温度情報とKalman Filterを用いた土壌水分データ同化, 土木学会水工学論文集, 第45巻, pp.271-276, 2001.

田中賢治, 中村忠則, 椎葉充晴, 池淵周一 : 陸面過程モデルにおける土壌水分量の役割, 土木学会水工学論文集, 第44巻, pp.157-162, 2000.

田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 琵琶湖プロジェクトの陸面過程モデリング, 土木学会水工学論文集, 第42巻, pp.79-84, 1998.

田中賢治, 前田敏彦, 高棹琢馬, 池淵周一 : 陸面過程モデルのための2次元地中モデルの開発, 土木学会水工学論文集, 第41巻, pp.93-98, 1997.

田中賢治, 田中敬也, 池淵周一, 葛葉泰久 : 土地利用スケールと領域平均熱フラックスの関係, 土木学会水工学論文集, 第39巻, pp.159-164, 1995.

葛葉泰久, 田中賢治, 池淵周一 : 3次元蒸発散モデルの琵琶湖流域への適用と2、3の基礎的検討, 土木学会水工学論文集, 第38巻, pp.137-142, 1994.


一般査読論文(アブストラクト査読論文)

Mori, E., T. Kojiri, K. Tanaka, T. Hamaguchi : Impact Assessment of Climate Change Considering Reservoir Operation and Water Resources Circumstances, Proc. of 33rd IAHR Congress: Water Engineering for a Sustainable Environment, pp.757-764, 2009.

Sato, Y., K. Tanaka, E. Nakakita, T. Kojiri : Anticipatory Adaptation to Flood and Drought Disaster due to Climate Change, Proc. of 33rd IAHR Congress: Water Engineering for a Sustainable Environment, pp.1701-1707, 2009.

Kenji Tanaka, Kazuyoshi Souma, Takahiro Fujii, Makoto Yamauchi : Inclusion of Detailed Land Surface Parameters for Meso-scale Urban Climate Simulation, Proc. of the World City Water Forum 2009, SS-E2-6, 2009.

Kenji Tanaka, Kazuyoshi Souma, Takahiro Fujii, Makoto Yamauchi : Dynamical downscaling of urban climate using CReSiBUC with inclusion of detailed land surface parameters, Proc. of the 2nd Lund Regional-scale Climate Modelling Workshop, pp.285-287, 2009.

田中賢治, 相馬一義, 藤井嵩大, 山内 誠 : メソ数値気象モデルによる力学的ダウンスケーリングにおける土壌水分の効果, 2009土壌水分ワークショップ論文集, pp.118-122, 2009.

萬 和明,田中賢治,中北英一 : 陸面過程モデルによる土壌水分推定およびその高精度化, 2009土壌水分ワークショップ論文集, pp.82-88, 2009.

Nakanishi, K., K. Tanaka, D. Komori, T. Oki, T. Kojiri : Consideration of estimation method of precipitation data for numerical real-time flood forecasting, Proc. of the 4th APHW Conference, S2-24, 2008.

Hamaguchi, T., Y. Sato, K. Tanaka, E. Mori, T. Kojiri : Discharge Projection of the Yodo River Basin with Dam Reservoirs using MRI’s 20km-GCM and Its Impact Assessments due to Climate Change, Proc. of the 4th APHW Conference, S4-13, 2008.

藤原洋一, 田中賢治, 渡邉紹裕, 長野宇規, 小尻利治 : 気候モデル・ダウンスケーリング手法・水文モデルによる温暖化影響評価の不確実性について, 応用水文, No.20, 2008(印刷中).

Nakanishi, K., K. Tanaka, D. Komori, T. Oki, T. Kojiri, S. Ikebuchi : Effects of Precipitation Data on an Improvement of Runoff Prediction, Proc. of 4th Intl. Conf. on Water Resources and Environment Research, pp.305-316, 2008.

Tanaka, K., Y. Fujihara, T. Kojiri : Assessing the Impact of Climate Change on the Surface Energy and Water Balance of the Seyhan River Basin Turkey, Proc. of 4th Intl. Conf. on Water Resources and Environment Research, pp.1180-1189, 2008.

Souma, K., K. Tanaka, E. Nakakita, S. Ikebuchi, K. Takara : Effect of the LDAS Derived Realistic Distribution of Soil Moisture on a Summertime Heat Thunderstorm Prediction in Japan, Proc. of 4th Intl. Conf. on Water Resources and Environment Research, pp.2339-2349, 2008.

久保田達也, 牧 雅康, 田中賢治, 田村正行 : 中国淮河における高時間分解能衛星データを用いた水田抽出と農事暦の推定, 生研フォーラム「宇宙からの地球環境モデリング」第17回論文集, pp.9-12, 2008.

Tanaka, K., Y. Fujihara, T. Watanabe, T. Kojiri, S. Ikebuchi : The Impact of Climate Change on the Surface Water Balance in Semi-arid Region, Proc of the 3rd APHW Conference on Wise Water Resources Management towards Sustainable Growth and Poverty Reduction, ST1-01-A07-433, 2006 (CD-ROM).

Ito, Y., Q. Moteki, K. Souma, K. Yorozu, K. Tanaka, S. Ikebuchi : Effects of Urban Heating on the Rainfall Event by a Cloud Resolving Model, Proc of the 3rd APHW Conference on Wise Water Resources Management towards Sustainable Growth and Poverty Reduction, ST1-05-A26-427, 2006 (CD-ROM).

Yorozu, K., K. Tanaka, S. Ikebuchi : The Analysis of Inter-annual Variability of Irrigation Water Requirement by Land Surface Model, Proc of the 3rd APHW Conference on Wise Water Resources Management towards Sustainable Growth and Poverty Reduction, ST1-05-A29-432, 2006 (CD-ROM).

藤原洋一, 田中賢治, 渡邉紹裕, 小尻利治 : トルコ・セイハン川流域の水資源に及ぼす温暖化の影響, 応用水文, No.19, pp.107-116, 2006.

Fujihara, Y., K. Tanaka, T. Nagano, T. Watanabe, T. Kojiri : Assessing the Impact of Climate Change on the Water Resources of the Seyhan River Basin Turkey, International Congress on River Basin Management, Vol.1, pp.453-463, 2007.

Fujihara, Y., K. Tanaka, T. Watanabe, T. Kojiri : Potential Impacts of Climate Change on the Hydrology and Water Resources of the Seyhan River Basin, Proceedings of the International Symposium on Water and Land Management for Sustainable Irrigated Agriculture, 2006(CD-ROM).

Umetsu, C., K. Palanisami, Z. Coskun, S. Donma, T. Nagano, Y. Fujihara, K. Tanaka : Climate Change and Alternative Cropping Patterns in Lower Seyhan Irrigation Project: A Simulation Analysis, The 3rd International Groundwater Conference (IGC2007), Water, Environment and Agriculture: Present Problems and Future Challenges, Coimbatore, India, February 2007.

Umetsu, C., K. Palanisami, Z. Coskun, S. Donma, T. Nagano, Y. Fujihara, K. Tanaka : Climate Change and Alternative Cropping Patterns in Lower Seyhan Irrigation Project: A Simulation Analysis, The Agricultural Economics Society of Japan Annual Meeting, Ginowan, Japan, March 2007.

Fujihara, Y., K. Tanaka, T. Watanabe, T. Kojiri : Potential Impacts of Climate Change on the Hydrology and Water Resources of the Seyhan River Basin, Proc. of the International Symposium on Water and Land Management for Sustainable Irrigated Agriculture (CD-ROM), 2006.

Fujihara, Y., S. P. Simonovic, F. Topaloglu, T. Watanabe, K. Tanaka : Inverse Modeling Approach to Assess the Impacts of Climatic Change on Water Resources Management on the Watershed Scale, Proc. of the International Workshop for the Research Project on the Impact of Climate Changes on Agricultural Production System, pp.91-96, 2006.

Yorozu, K., K. Tanaka, S. Ikebuchi : Estimation of global distribution of required water for irrigation using SiBUC, Proc. of XII World Water Congress, 2005.11(CD-ROM)

Tanaka, K., K. Yorozu, R. Hamabe, S. Ikebuchi : Validation of the GSWP2 Baseline Simulation, Proc. of 85th AMS Annual Meeting, 19th conference of Hydrology, 6.2, 2005 (CD-ROM).

Yorozu, K., K. Tanaka, S. Ikebuchi : Creating a global 1-degree dataset of crop type and cropping calendar through the time series analysis of NDVI for GSWP2 simulation considering irrigation effect, Proc. of 85th AMS Annual Meeting, 19th conference of Hydrology, 6.8, 2005 (CD-ROM).

Souma, K., K. Tanaka, E. Nakakita, S. Ikebuchi : Coupling a mosaic land surface scheme (SiBUC) with a nonhydrostatic atmospheric model (ARPS), Proc. of 85th AMS Annual Meeting, 19th conference of Hydrology, P3.18, 2005 (CD-ROM).

Tanaka, K., K. Souma, K. Tsuboki, S. Ikebuchi : Production of final dataset of GAME-HUBEX Regional 4DDA by JSM-SiBUC, Proceedings CD-ROM of the 6th International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, 2004 (CD-ROM).

甲山 治, 山田賢治, 田中賢治, 池淵周一 : 衛星リモートセンシングと陸面過程モデルを用いた中国史灌河流域における水利用の推定, 第4回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ, pp.45-54, 2004.

Kozan, O., K. Yamada, K. Tanaka, S.Ikebuchi : Estimation of land use and water usage in the Huaihe river basin from field survey and satellite analysis, Proceedings CD-ROM of the 6th International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, 2004 (CD-ROM).

Ishida, S., K. Tanaka, A. Higuchi, I. Tamagawa, D. Matsushima : Surface heat balance using flux measurement array during Catch A Plume by SATs (CAPS) IOP, Proceedings CD-ROM of the 6th International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, 2004 (CD-ROM).

Tanaka, K., K. Yorozu, O. Kozan : Seasonal and inter-annual variations of the energy and water budget in south-east Asia -results from the GSWP2 baseline simulation-, Forest and water in warm humid Asia, Proc. of a workshop of the International Union of Forest Research Organizations (IUFRO), pp.45-48, 2004.

Tanaka, K., M. Morohashi, S. Ikebuchi : Development of a new Soil Moisture Retrieval Algorithm using TRMM/TMI polarization ratio and NDVI, Proc. of the 2nd International Conference on Hydrology and Water Resources in Asia Pacific Region, vol.2, pp.686-693, 2004.

Kozan, O., K. Tanaka, S. Ikebuchi, M. Qian : Landuse and cropping pattern classification using satellite derived vegetation indices in the Huaihe river basin, Proc. of the 2nd International Conference on Hydrology and Water Resources in Asia Pacific Region, vol.2, pp.732-740, 2004.

Kozan, O., K. Tanaka, S. Ikebuchi : The Estimation of Water and Heat Budget in the Huaihe River Basin China - Detail Representation of Various Cropland and Irrigation -, Proc. of the 1st International Conference on Hydrology and Water Resources in Asia Pacific Region, Vol.2, pp.763-768, 2003.

田中賢治, 甲山治, 池淵周一 : 多様な農耕地の影響を考慮した中国淮河流域における水, 熱収支推定に関する研究, 第6回水資源に関するシンポジウム論文集, pp.603-608, 2002.

戎 信宏, 西川 敦, 近藤昭彦, 中北英一, 田中賢治 : 森林地における正規化植生指標と葉面積指数、蒸発散の季節変化に関する研究, 第3回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集, pp.59-68, 2002.

樋口篤志, 西田顕郎, 近藤昭彦, 田中賢治, 戎 信宏, 飯田真一, 中北英一 : 地上設置型植生モニタリングシステムを用いた日本での代表的な土地被覆での植生指標の季節変化 - PGLIERC, 琵琶湖プロジェクトの成果から-, 第3回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集, pp.69-75, 2002.

Tanaka, K., K. Tsuboki, M. Shiiba, S. Ikebuchi : The impact of landuse change on the meso-scale precipitation system : Numerical study by JSM-SiBUC, Proc. of the 3rd GAME-HUBEX Workshop on Meso-scale Systems in Meiyu/Baiu Front and Its Hydrological Cycle, pp.167-170, 2001.12

Kozan, O., K. Tanaka, S. Ikebuchi : Improvement of diurnal variation of downward short-wave radiation by GMS-5 data, Proc. of the 3rd GAME-HUBEX Workshop on Meso-scale Systems in Meiyu/Baiu Front and Its Hydrological Cycle, pp.115-118, 2001.12

Tanaka, K., O. Kozan, T. Nakamura, M. Shiiba, S. Ikebuchi : Land Data Assimilation in the GAME-HUBEX, Proc. of the Fifth Intl. Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, GAME Publication No.31, pp.697-702, 2001.10

Tachikawa, Y., K. Tanaka, K. Takara, Y. Ichikawa, M. Shiiba : Simulation of River Discharge in the Huaihe River Basin in China, Proc. of the 5th Intl. Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, GAME Publication No.31,  pp.734-737, 2001.10

Higuchi, A., K. Nishida, A. Kondoh, K. Tanaka, N. Ebisu, S. Iida, E. Nakakita : A Simple and cheap method to monitor the surface status for the validation of optical satellite remote sensing, Proc. The Fifth International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, GAME Publication No.31, pp.223-228, 2001.10

Tanaka, K., H. Hayashi, E. Nakakita, S. Ikebuchi : Energy and Water Budget of Paddy Field in the Lake Biwa Basin, Japan, Proc. of the International Workshop on GAME-AAN/Radiation, pp.55-58, 2001.3.

Kozan, O., K. Tanaka, S. Ikebuchi : Estimation of Energy and Water Budget in the Huaihe River Basin, China, Proc. of the International Workshop on GAME-AAN/Radiation, pp.32-35, 2001.3

Tanaka, K., M. Shiiba, S. Ikebuchi, M. Qian, H. Xu, M. Yang : Analysis of Energy/Water Flux Data in HUBEX-IOP, Proc. of Workshop on Meso-Scale Systems in Meiyu/Baiu Front and Hydrological Cycle, pp.94-97, 1999.11

Kenji Tanaka : Effect of paddy field and water body in LSP, Proc. of Intl. Workshop on Land-Surface Water Budget, pp.151-166, 1999

田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 琵琶湖プロジェクトの陸面過程モデリング-衛星データの導入-, 水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集, pp.69-76, 1998.

Tanaka, K., S. Ikebuchi : Scaling-up the regional heat fluxes considering landuse scale effect, Proc. of Intl. Workshop on Macro-scale Hydrological Modeling, pp.27-30, 1996.5

Tanaka, K., S. Ikebuchi : The Effects of the Land-Use Characteristic Scale on Regional Heat Fluxes, Proc. of the Second Intl. Study Conf. on GEWEX in Asia and GAME, pp.339-342, 1995

Tanaka, K., S. Ikebuchi : Simple Biosphere Model Including Urban Canopy (SiBUC) for Regional or Basin-Scale Land Surface Processes, Proc. of Intl. Sympo. on GEWEX Asian Monsoon Experiment, pp.59-62, 1994

Kuzuha, Y., S. Ikebuchi, K. Tanaka : Evaporation from a complex land-use surface -How to estimate average evaporation-, Proc. of Yokohama Sympo. IAHS, Pub. No.212, pp.73-80, 1993


査読無し(紀要、報告書等、テキスト等)

田中賢治:川の百科事典:丸善, (分担執筆)正常流量, pp.422, 2009.

田中賢治:川の百科事典:丸善, (分担執筆)ティーセン分割, pp.492, 2009.

萬和明, 田中賢治, 中北英一 : 陸面過程モデルによる土壌水分推定精度の向上可能性,京都大学防災研究所年報, 第52号B, pp.563-572, 2009.

佐藤嘉展, 森英祐, 浜口俊雄, 田中賢治, 中北英一 : 気候変動に対する先行適応のための流域スケールでの洪水および渇水リスク評価, 京都大学防災研究所年報, 第52号B, pp.573-586, 2009.

中西健一郎, 田中賢治, 小森大輔, 沖大幹, 小尻利治 : 熱帯低密度観測流域での実時間洪水推定に関する研究, 京都大学防災研究所年報, 第52号B, pp.795-805, 2009.

Saber, M., T. Hamaguchi, T. Kojiri, K. Tanaka : Spatiotemporal Runoff Features of Hydrological Modeling in Arabian Wadi Basins through Comparative Studies, Annuals of Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University, No.52B, pp.813-830, 2009.

萬 和明, 田中賢治, 中北英一 : 陸面過程モデルによる土壌水分量推定値の季節変動・年々変動の精度評価, 京都大学防災研究所年報, 第51号, pp.565-571, 2008.

小尻利治, 田中千尋, 田中賢治, 浜口俊雄 : 河川流域における環境影響物質発生領域の特定手法の開発, 京都大学防災研究所年報, 第51号, pp.715-721, 2008.

田中賢治, 萩澤佑樹, 佐久間良一, 小尻利治 : 気候モデルのバイアス検出と補正, 京都大学防災研究所年報, 第51号, pp.723-736, 2008.

和田健太郎, 小尻利治, 原山和也, 田中賢治, 浜口俊雄 : TCBMを利用した洪水流況予測に関する研究, 京都大学防災研究所年報, 第51号, pp.785-797, 2008.

井本昂志, 小尻利治, 田中賢治, 浜口俊雄 : 気候変動による流域水環境の変動特性に関する比較, 京都大学防災研究所年報, 第51号, pp.799-813, 2008.

萬 和明, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : NDVI時系列解析を用いた北タイメーワン流域における高分解能作物分類とその検証, 京都大学防災研究所年報, 第50号B, pp.595-602, 2007.

伊藤洋太郎, 茂木耕作, 相馬一義, 萬 和明, 田中賢治, 池淵周一 : 都市環境が都市型集中豪雨に及ぼす影響の評価, 京都大学防災研究所年報, 第50号B, pp.715-723, 2007.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 日本における土壌水分量分布推定とそれが夏季の熱雷に与える影響の検討, 京都大学防災研究所年報,第50号B, pp.725-735, 2007.

中西健一郎, 田中賢治, 小森大輔, 沖 大幹, 池淵周一 : 北タイメーワン流域の流出予測精度向上に対する地球観測データの有効性の検討, 京都大学防災研究所年報, 第50号B, pp.737-747, 2007.

小尻利治, 原山和也, 田中賢治, 浜口俊雄 : 事例ベースモデルと分布型流出モデルを併用した河川流量予測,京都大学防災研究所年報,第50号B, pp.749-757, 2007.

田崎紘平, 田中賢治, 嶋村鉄也, 竹門康弘, 池淵周一 : 深泥池における水・熱収支に関する研究, 京都大学防災研究所年報, 第50号B, pp.789-803, 2007.

山田賢治, 池淵周一, 田中賢治, 相馬一義 : 気象庁数値予報データ(GPV)の統計的検証, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.601-616, 2006.

相馬一義, 田中賢治, 池淵周一 : 現業気象データと陸面過程モデルによる日本の地表面状態量の推定, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.617-624, 2006.

Yorozu, K., K. Tanaka, S. Ikebuchi : Correlation analysis of inter-annual variability of IWR, Precipitation and NDVI, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.49B, pp.625-632, 2006.

Ikebuchi, S., T. Kojiri, Y. Hagihara, K. Tomosugi, Y. Takemon, K. Tanaka, T. Hamaguchi : Water resources and environment assessment in the river basin based on Hydro-BEAM, Annuals of Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University, No.49C, pp.113-118, 2006.

Tanaka, K., K. Souma, E. Nakakita, S. Ikebuchi : The Importance of Surface Heating in Short-term Numerical Weather Prediction, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.48 C, pp.97-109, 2005.

Moteki, Q., Y. Ito, K. Yorozu, K. Souma, A. Sakakibara, K. Tsuboki, T. Kato, K. Tanaka, S. Ikebuchi : Estimation for Effects of Existence of Urban on Development of Cumulonimbus Clouds Using Atmosphere-Land Coupled Model of CReSiBUC, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.48 C, pp.197-208, 2005.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 夏季の琵琶湖周辺における対流性降水に地表面状態が与える影響の検討, 京都大学防災研究所年報, 第48号B, pp.815-822, 2005.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : ARPSによる琵琶湖プロジェクト集中観測時の大気場の再現(第二報), 京都大学防災研究所年報, 第47号B, pp.831-850, 2004.

Kenji Tanaka : Chapter 6 Land Surface Processes, Precipitation and Water Resources - The Textbook for 12th IHP Training Course in 2002 -, UNESCO, pp.79-110, 2004.

田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 陸面過程モデルから見た琵琶湖流域の水循環, 平成15年度水資源セミナー講演概要集, pp.61-68, 2003.

甲山 治, 田中賢治, 池淵周一 : 正規化植生指標を用いた中国淮河流域における農耕サイクルの推定, 京都大学防災研究所年報, 第46号B, pp.875-884, 2003.

田中賢治, 甲山 治, 池淵周一 : 淮河流域の水・熱フラックス分布, アジアモンスーン地域におけるエネルギー・水循環(平成13年度GAME研究成果報告書), GAME Publication No.33, pp.83-86, 2002

田中賢治, 相馬一義, 中北英一, 池淵周一 : ARPSによる琵琶湖プロジェクト集中観測時の大気場の再現, 京都大学防災研究所年報, 第45号B, pp.657-676, 2002.

甲山 治, 田中賢治, 池淵周一 : 多様な農耕地の影響を考慮した中国淮河流域における水, 熱収支推定に関する研究, 京都大学防災研究所年報, 第45号B, pp.745-764, 2002.

宮崎 真, 杉田倫明, 安成哲三, 鈴木力英, 石川裕彦, 田中賢治, 山本 晋 : 各種プロジェクトにおけるフラックス測定, 気象研究ノート, 第199号, 第9章, pp.201-234, 2001.

田中賢治, 坪木和久, 池淵周一, 椎葉充晴 : JSM-SiBUCによる梅雨前線の数値シミュレーション, 平成13年度水資源セミナー講演概要集, pp.67-72, 2001.11

田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 琵琶湖プロジェクト, 平成13年度水資源セミナー講演概要集, pp.17-21, 2001.11

田中賢治, 石岡賢治, 中北英一, 池淵周一 : 水田、湖面における熱収支の季節変化-琵琶湖プロジェクトより-, 京都大学防災研究所年報, 第44号B-2, pp.427-443, 2001.

田中賢治, 甲山 治, 池淵周一 : HUBEXの陸面データセット, 2000年度GAME研究成果報告, GAME Publication No.27, pp.23-26, 2000.12.

田中賢治, 坪木和久, 池淵周一 : GAME再解析データを境界値としたJSM-SiBUCの実行, 2000年度GAME研究成果報告, GAME Publication No.27, pp.27-30, 2000.12.

田中賢治, 甲山 治, 池淵周一 : SiBUCによるHUBEX領域のエネルギー・水収支分布, 2000年度GAME研究成果報告, GAME Publication No.27, pp.150-153, 2000.12.

田中賢治, 甲山 治, 池淵周一 : 中国淮河流域の熱, 水収支推定, 平成12年度水資源セミナー講演集, pp.118-125, 2000.11

田中賢治 : 陸面エネルギーフラックスモデル, 第1回水のモデリングに関するワークショップ, 土木学会学術振興基金助成, pp.??-??, 1999.8.

田中賢治, 椎葉充晴, 池淵周一 : GAME/HUBEX-IOPの水, 熱フラックス観測の速報, 京都大学防災研究所年報, 第42号B-2, pp.121-140, 1999.

椎葉充晴, 立川康人, 田中賢治, 市川 温, 金澤瑞樹 : 大気・陸面過程モデルと山腹斜面水文 モデルの結合, 京都大学防災研究所年報, 第42号, B-2, pp.169-176, 1999.

田中賢治, 中村忠則, 山本卓生, 椎葉充晴, 池淵周一 : SiBUC-JSM88結合モデルのテストラン, 京都大学防災研究所年報, 第41号B-2, pp.135-154, 1998.

高棹琢馬, 池淵周一, 田中賢治, 前田敏彦 : 陸域水・熱フラックスに対する地表面起伏効果, 京都大学防災研究所年報, 第40号B-2, pp.93-109, 1997.

田中賢治, 大石 哲, 中北英一, 池淵周一 : 琵琶湖プロジェクト'95における大気境界層観測, 京都大学防災研究所年報, 第39号B-2, pp.285-299, 1996.

田中賢治, 田中敬也, 池淵周一 : 土地利用スケールと広域熱フラックスとの関係, 京都大学防災研究所年報, 第38号B-2, pp.317-331, 1995.

田中賢治, 池淵周一 : 都市域, 水体をも考慮した蒸発散モデルの構築とその琵琶湖流域への適用, 京都大学防災研究所年報, 第37号B-2, pp.299-313, 1994.

葛葉泰久, 池淵周一, 田中賢治 : 数値解析による広域場からの蒸発散量推定のための基礎的研究(II), 京都大学防災研究所年報, 第36号B-2, pp.159-171, 1993.

葛葉泰久, 池淵周一, 島田潤一, 田中賢治 : 数値解析による広域場からの蒸発散量推定のための基礎的研究, 京都大学防災研究所年報, 第35号B-2, pp.465-481, 1992.


学会発表要旨集(国際会議のプロシーディングス)

Tanaka, K. : Bias detection and correction system for seven surface meteolological elements, International Workshop on dynamical downscaling over Japan, 2010.1.26.

田中賢治 : 地上気象7要素のバイアス検出・補正システムについて, S-4/5・革新プロ合同ワークショップ「影響評価研究での気候モデル出力の活かし方を考える」, 2010.1.18. (東京)

中田淳子, 田中賢治, 小尻利治 : 20km解像度地域気候モデル出力のバイアス補正 に関する研究, 日本気象学会2009年度秋季大会講演予稿集, pp.516, 2009.11.27.(ポスター発表)

田中賢治, 相馬一義, 藤井嵩大 : メソスケール都市気象シミュレーション のための詳細な陸面パラメータの導入, 第11回非静力学モデルに関するワーク ショップ講演予稿集, H4, 2009.9.25.

Tanaka, K. : Description of landuse and vegetation status in hydrometeorological simulation, China-Japan Joint Workshop on “Human-Nature Interactions in The Changjiang River Basin of China Experiencing Abrupt Change”, 2009.9.

Tanaka, K., K. Souma, T. Fujii : Dynamical downscaling of urban climate around Tokyo using CReSiBUC, 2009 Joint GEWEX/iLEAPS Conference, Water in a Changing Climate: Progress in Land-Atmosphere Interactions and Energy/Water Cycle Research, G5-4, 2009.8.27 (poster presentation)

北宅洋, 田中賢治, 小尻利治, 浜口俊雄 : NDVI及び分光反射率の時系列解析 による全球1qメッシュ作物分類図の作成, 土木学会第64回年次学術講演会講演 概要集(CD-ROM), Z-117, 2009.9

藤井嵩大, 田中賢治, 小尻利治 : 都市気象を表現する力学的ダウンスケー リングに関する研究, 水文・水資源学会2009年度研究発表会要旨集, pp.70-71, 2009.8

北宅洋, 田中賢治, 小尻利治, 浜口俊雄 : NDVI時系列解析による全球1q メッシュ作物分類図の作成, 平成21年度土木学会関西支部年次学術講演概要, U-46, 2009.5

藤井嵩大, 田中賢治, 小尻利治 : 都市気象を表現する力学的ダウンスケー リングに関する研究, 平成21年度土木学会関西支部年次学術講演概要, U-47, 2009.5

小槻峻司, 田中賢治, 小尻利治, 浜口俊雄 : チャオプラヤ川における流出モデル の構築に関する研究, 平成21年度土木学会関西支部年次学術講演概要, U-65, 2009.5

橋本直之, 牧 雅康, 田中賢治, 田村正行 : 衛星画像を用いた作物LAI時系列変化パターンの推定 -北海道十勝地域における現地調査結果との比較-, 日本リモートセンシング学会第45回学術講演会, 2008年12月5日, 北海道情報大学

久保田達也, 牧 雅康, 田中賢治, 田村正行 : MODISデータを用いた水田抽出法の改良, 日本リモートセンシング学会第45回学術講演会, 2008年12月5日, 北海道情報大学

Tanaka, K., Y. Hagizawa, T. Kojiri : Bias correction of RCM output considering frequency distribution, Proc. of the 4th APHW Conference, S4-14, 2008.

牧 雅康, 橋本直之, 田中真哉, 田中賢治, 田村正行, 秋山 侃 : リモートセンシングデータを用いた小麦の出穂期までのLAI推定, システム農学会2008年度秋季大会, 2008年10月31日, 酪農学園大学

Tanaka, K., K. Nakanishi, T. Kojiri, D. Komori, T. Oki, T.Sukhapunnaphan : Numerical forecasting of flood events in small catchment in North Thailand, International Interdisciplinary Conference on Predictions for Hydrology, Ecology, and Water Resources Management (HydroPredict2008), 2008.

中西健一郎, 田中賢治, 小森大輔, 沖 大幹, 小尻利治 : 分布型流出モデルを用いたリアルタイム洪水予測システムの構築, 水文・水資源学会2008年度研究発表会要旨集, pp.46-47, 2008.

田中賢治, 萩澤佑樹, 小尻利治 : RCM出力の頻度分布を考慮したバイアス補正, 水文・水資源学会2008年度研究発表会要旨集, pp.90-91, 2008.

森 英祐, 浜口俊雄, 佐藤嘉展, 小尻利治, 田中賢治 : ダム操作を考慮した地球温暖化による流域水資源分布評価とその応用, 水文・水資源学会2008年度研究発表会要旨集, pp.94-95, 2008.

浜口俊雄, 佐藤嘉展, 森 英祐, 田中賢治, 小尻利治 : バイアス補正をした超高解像度GCMによる淀川流域の将来流量予測, 水文・水資源学会2008年度研究発表会要旨集, pp.146-147, 2008.

萬 和明, 田中賢治, 中北英一 : 全球における土壌水分推定値の季節変化・年々変動の再現性検証, 水文・水資源学会2008年度研究発表会要旨集, pp.162-163, 2008.

森 英祐, 浜口俊雄, 小尻利治, 田中賢治 : ダム貯水池を含む流域水資源分布の地球温暖化影響評価に関する研究, 平成20年度土木学会関西支部年次学術講演概要, U-59, 2008.

山下英夫, 小尻利治, 田中賢治, 浜口俊雄 : GCM 出力値を用いた桂川流域における日吉ダムの影響評価, 平成20年度土木学会関西支部年次学術講演概要, U-61, 2008.

Tanaka, K., K. Yorozu : Selecting the best meteorological forcing dataset for each river basin, Eos Trans. AGU, 88(52), Fall Meet. Suppl., Abstract H33C-1455, 2007.

Yorozu, K., K. Tanaka, E. Nakakita, S. Ikebuchi : Understanding of accuracy on calculated soil moisture field for the study of land-atmosphere interaction,Eos Trans. AGU, 88(52), Fall Meet. Suppl., Abstract H33C-1452, 2007.

藤原洋一, 田中賢治, 渡邉紹裕, 長野宇規, 小尻利治 : 気候モデル・ダウンスケーリング手法・水文モデルによる温暖化影響評価の不確実性について, 水文・水環境研究部会シンポジウム, 岡山, 2007年11月.

萬 和明, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 相関分析による植生に対する気象支配因子の推定, 日本気象学会2007年度秋季大会講演予稿集, pp.530, 2007.

中西健一郎, 田中賢治, 小森大輔, 沖 大幹, 池淵周一 : 北タイMae Wang流域の流出予測精度向上に向けた地球観測データの有効性検討, 水文・水資源学会2007年度研究発表会要旨集, pp.28-29, 2007.

高田敬規, 小尻利治, 田中賢治, 浜口俊雄 : 斐伊川水系を対象とした流出解析及び総合流域評価, 水文・水資源学会2007年度研究発表会要旨集,pp.64-65,2007.

萬 和明, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 全球陸域植生に対する気象支配因子の推定,水文・水資源学会2007年度研究発表会要旨集,pp.80-81,2007.

藤原洋一, 田中賢治, 渡邉紹裕, 小尻利治 : 温暖化がセイハン川流域の水資源に及ぼす影響評価, 農業土木学会大会講演会, 松江, 2007年8月.

Yorozu, K., K. Tanaka, E. Nakakita, S. Ikebuchi : Controlling meteorological factor for inter-annual variability of NDVI, IUGG XXIV General Assembly, Perugia, Italy, HW2003-66, 2007.

Tanaka, K., T. Kojiri, S. Ikebuchi : Bias correction of the meteorological variables from RCM for hydrological application, IUGG XXIV General Assembly, Perugia, Italy, MS016-60, 2007.

中西健一郎, 田中賢治, 小森大輔, 沖 大幹, 池淵周一 : 北タイMaeWang流域の流出予測精度向上に向けた地球観測データの有効性検討, 平成19年度土木学会関西支部年次学術講演概要, U-6, 2007.

高田敬規, 小尻利治, 田中賢治, 浜口俊雄 : 斐伊川水系を対象とした総合流域管理策定に関する研究, 平成19年度土木学会関西支部年次学術講演概要, U-19, 2007.

Kenji Tanaka : Importance of rainfall measurement for flood forecasting, Thailand-Japan Inundatory Mitigation Discourse, Hua Hin, Thailand, 2007.

Fujihara, Y., K. Tanaka, T. Watanabe, T. Kojiri : Assessing the Impact of Climate Change on the Water Resources of the Seyhan River Basin Turkey, International Congress on River Basin Management, Antalya, Turkey, March 2007.

藤原洋一, 田中賢治, 渡邉紹裕, 小尻利治 : トルコ・セイハン川流域の水資源に及ぼす温暖化の影響, 水文・水環境研究部会シンポジウム, 松江, 2006年11月.

藤原洋一、田中賢治、渡邉紹裕、小尻利治 : 温暖化がセイハン川流域の水資源に及ぼす影響と適応, 平成18年度農業土木学会講演要旨集, pp.??-??, 2006.

鈴木章吾,相馬一義,田中賢治,浜辺 良,池淵周一 : 京都における都市気象シミュレーションのための人工排熱量分布の推定,水文・水資源学会2006年度研究発表会要旨集,pp.294-295,2006.

佐久間良一,田中賢治,相馬一義,池淵周一 : 領域気象モデルによる降水予測精度の不確実性成因分析―降水種別の精度評価―, 水文・水資源学会2006年度研究発表会要旨集, pp.2-3, 2006.

萬 和明,田中賢治,池淵周一 : 気象変動に対する農業システムの耐性・脆弱性, 水文・水資源学会2006年度研究発表会要旨集, pp.40-41, 2006.

Souma, K., K. Tanaka, S. Ikebuchi : Estimation of the Land Surface State in Japan Using Meteorological Data and Land Surface Model, Proc. of AOGS 3rd Annual Meeting 2006, 59-HS-A1245, 2006 (CD-ROM).

鈴木章吾,相馬一義,田中賢治,浜辺 良,池淵周一 : 京都における都市気象シミュレーションのための人工排熱量分布の推定,平成18年度土木学会関西支部年次学術講演概要,U-22,2006 (CD-ROM).

佐久間良一,田中賢治,相馬一義,池淵周一 : 領域気象モデルによる降水予測精度の不確実性成因分析―降水種別の精度評価―,平成18年度土木学会関西支部年次学術講演概要,U-1,2006 (CD-ROM).

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 夏季の山地域における対流性降水に地表面状態の違いが与える影響, 日本気象学会2005年度春季大会講演予稿集, pp.504, 2005.

甲山 治, 田中賢治, 池淵周一, 砂田憲吾 : 中央アジア・アラル海流域における水文・気象データの長期解析, 水文・水資源学会2005年研究発表会要旨集, pp.16-17, 2005.

伊藤洋太郎, 茂木耕作, 相馬一義, 萬 和明, 田中賢治, 池淵周一 : 詳細な陸面過程を組み込んだ雲解像モデルを用いた練馬豪雨発生に対する都市の影響評価, 水文・水資源学会2005年研究発表会要旨集, pp.18-19, 2005.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 夏季の山岳域における対流性降水に土壌水分が与える影響, 水文・水資源学会2005年研究発表会要旨集, pp.24-25, 2005.

田中賢治, 渡辺裕司, 相馬一義, 池淵周一 : 領域気象モデルによる降水量プロダクトの定量的な利用にむけて, 水文・水資源学会2005年研究発表会要旨集, pp.314-315, 2005.

Tanaka, K., K. Tasaki, Y. Takemon : Energy and water balance of Mizoro-ga-ike Pond, Proc. of AOGS 2nd Annual Meeting 2005, 58-HS-A1453, 2005 (CD-ROM).

Souma, K., K. Tanaka, E. Nakakita, S. Ikebuchi : The effect of land surface condition on convective precipitation over the mountainous region in Japan during the summer season, Proc. of AOGS 2nd Annual Meeting 2005, 58-OA-A1360, 2005 (CD-ROM).

田崎紘平, 田中賢治, 竹門康弘, 池淵周一 : 深泥池の浮島は水温変動を緩和する, 応用生態工学会第9回研究発表会講演集, pp.85-88, 2005.

玉川一郎, 民田晴也, 石田祐宣, 田中賢治, 樋口篤志・CAPS2002 観測メンバー : CAPS2002観測データとCReSSによる数値シミュレーションとの比較, 2004年度気象学会秋季大会, C169(pp.237), 2004.

甲山 治, 田中賢治, 池淵周一 : 陸面過程モデルを用いた中国史灌流域における灌漑用水量の検証, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, pp.26-27, 2004.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 琵琶湖プロジェクト集中観測時の熱雷の再現と局地循環が果たした役割についての検討, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, PP.74-75, 2004.

萬 和明,田中賢治,池淵周一 : 陸面過程モデルSiBUCによる灌漑を考慮に入れた全球土壌水分量分布の算定,水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集,pp.82-83,2004.

石田祐宣, 田中賢治, 玉川一郎, 樋口篤志, 小野圭介 : 水平スケールの異なる熱収支とそのインバランス−琵琶湖プロジェクト面的集中観測(CAPS2002,2003)−, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, pp.226-227, 2004.

松島 大, 田中賢治, 石田祐宣, 玉川一郎, 樋口篤志 : 航空機による地表面温度観測と顕熱フラックスのフットプリント解析−琵琶湖プロジェクト面的集中観測(CAPS2002)−, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, pp.228-229, 2004.

山田賢治, 甲山 治, 田中賢治, 池淵周一 : 衛星による植生状態量及び地上気象データを用いた土地利用判別手法の構築, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, pp.256-257, 2004.

萬 和明, 田中賢治, 池淵周一 : 陸面過程モデルSiBUCによる灌漑を考慮に入れた全球土壌水分量分布の算定, 平成16年度関西支部年次学術講演会講演概要, II-18, 2004.

山田賢治, 甲山 治, 田中賢治, 池淵周一 : 衛星による植生状態量及び地上気象データを用いた土地利用判別手法の構築, 平成16年度関西支部年次学術講演会講演概要, II-19, 2004.

石田祐宣, 安田延壽, 田中賢治, 玉川一郎, 樋口篤志, CAPS2003 参加メンバー : CAPS2003観測データを用いた接地気層乱流の構造-高次相関量の確率分布を中心として-, 2004年度気象学会春季学会, P156, 2004.

Tanaka, K., S. Ikebuchi, K. Yorozu : Preliminary results of the GSWP-2 run by SiBUC, Proc. of the 84th AMS Annual Meeting, 18th Conference on Hydrology 1.4, 2004.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 局地気象モデルへの詳細な陸面過程モデルの導入, 日本気象学会2003年度秋季大会講演予稿集, pp.445, 2003.

濱邉 良, 田中賢治, 池淵周一 : 夏季チベット高原における陸面過程モデルSiBUCの性能評価, 水文・水資源学会2003年研究発表会要旨集, pp.68-69, 2003.

甲山 治, 田中賢治, 池淵周一 : 正規化植生指標を用いた中国淮河流域における農耕サイクルの推定, 水文・水資源学会2003年研究発表会要旨集, pp.80-81, 2003.

Tanaka, K., K. Ishioka, E. Nakakita, S. Ikebuchi : Energy and water budget in the lake Biwa basin Japan, Abstract of the IUGG2003, Sapporo Japan, pp.A114, 2003.

樋口篤志, 田中賢治, 石田祐宣他 : 琵琶湖プロジェクト2002年集中観測(Catch A Plume by SATs: CAPS);その概要, 日本気象学会2003年度春季大会講演予稿集, pp.337, 2003.

石田祐宣, 樋口篤志, 田中賢治他 : 複数の乱流計測器を用いた乱流熱輸送量空間分布観測の概要−琵琶湖プロジェクト2002年集中観測(CAPS)−, 日本気象学会2003年度春季大会講演予稿集, pp.338, 2003.

Matsuhima, D., J. Asanuma, A. Higuchi, S. Ishida, H. Nagai, M. Sugita, I. Tamagawa, K. Tanaka, M. Toda : Sensible heat flux and surface temperature heterogeneity over a grassland, Proc. of the 2nd Int. Workshop on Advanced Flux Network and Flux Evalution, Cheji Island, Koria, pp.??-??, 2002.

Ishida, S., J. Asanuma, S. Miyazaki, D. Matushima, A. Higuchi, T. Hiyama, I. Tamagawa, M. Sugita, H. Nagai, K. Tanaka, M. Toda : Intercomparison of the open-path flux measuring sensors for sensible heat, water vapor and CO2 fluxes, Proc. of the 2nd Int. Workshop on Advanced Flux Network and Flux Evalution, Cheji Island, Koria, pp.71-73, 2002.

田中賢治, 畑中隆二, 椎葉充晴 : メソ数値予報モデルへのGPS可降水量のデータ同化に関する研究, 土木学会第57回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), II-246, 2002.

甲山治, 田中賢治, 池淵周一 : 多様な農耕地の影響を考慮した中国淮河流域における水, 熱収支推定に関する研究, 土木学会第57回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), II-258, 2002.

相馬一義, 田中賢治, 池淵周一 : 数値気象予報モデルARPSによる琵琶湖プロジェクト集中観測時の大気場の再現, 水文・水資源学会2002年研究発表会要旨集, pp.70-71, 2002.

甲山 治, 田中賢治, 池淵周一 : 陸面過程モデルを用いた中国淮河流域における灌漑用水量の推定, 水文・水資源学会2002年研究発表会要旨集, pp.84-85, 2002.

石岡賢治, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 水田、湖面における水・熱収支の季節変化, 土木学会第56回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), II-258, 2001.10

水主崇之, 宝 馨, 立川康人, 田中賢治 : 中国淮河流域を対象としたマクログリッド型流出モデルの検証, 土木学会第56回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), II-243, 2001.10

甲山 治, 田中賢治, 池淵周一 : 衛星画像GMS5を用いた日射量データ精度向上に関する研究, 水文・水資源学会2001年研究発表会要旨集, pp.62-63, 2001.8

田中賢治, 石岡賢治, 中北英一, 池淵周一 : 琵琶湖の熱収支の季節変化, 水文・水資源学会2001年研究発表会要旨集, pp.144-145, 2001.8

戎 信宏, 山中新一, 西川 敦, 近藤昭彦, 中北英一, 田中賢治 : 地上観測の正規化植生指標(NDVI)と森林の蒸発散量に関する研究−琵琶湖プロジェクト森林観測から−, 水文・水資源学会2001年研究発表会要旨集, pp.252-253, 2001.8

畑中隆二, 田中賢治, 椎葉充晴 : ARPS による琵琶湖流域における水, 熱エネルギー循環モデル開発のための基礎的研究, 土木学会第55回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), II-114, 2000.9

甲山 治, 田中賢治, 池淵周一 : 陸面過程モデル構成上の気象強制力メッシュデータ作成法に関する研究, 土木学会第55回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), II-115, 2000.9

Tanaka, K., K. Tsuboki, M. Shiiba, S. Ikebuchi : Numerical simulation of JSM-SiBUC initialized and externally forced by GAME reanalysis data, Proc. of International GAME/HUBEX Workshop Sapporo 2000, pp.39-41, 2000.9.

田中賢治, 池淵周一, 椎葉充晴 : GAME-HUBEXのフラックス観測-1999年本観測より, 水文水資源学会2000年研究発表会要旨集, pp.244-245, 2000.8.

Tanaka, K., S. Ikebuchi, M. Shiiba : Application of Kalman Filter to SiB for Soil Moisture Assimilation by Satelite Data, 2000 Western Pacific Geophysics Meeting, pp.WP35, H21A-05, 2000.6

田中賢治, 椎葉充晴, 池淵周一, 立川康人 : HUBEXのフラックス観測-1999年より, 1999年度GAME研究成果報告, GAME Publication No.19, pp.9-10, 1999.12

綛谷剛志, 田中賢治, 椎葉充晴, 池淵周一 : 水, 熱フラックスに対する地表面起伏効果, 土木学会第54回年次学術講演会第II部門概要集, pp.728-729, 1999.9

金澤瑞樹, 椎葉充晴, 堀 智晴, 田中賢治, 市川 温 : 陸面過程モデルと山腹斜面流出モデルの結合, 土木学会第54回年次学術講演会第II部門概要集, pp.730-731, 1999.9

田中賢治, 中村忠則, 椎葉充晴, 池淵周一 : Kalmanフィルターによる土壌水分量同化手法の開発のための基礎的研究, 土木学会第54回年次学術講演会第II部門概要集, pp.734-735, 1999.9

田中賢治, 池淵周一, 椎葉充晴 : GAME-HUBEXのフラックス観測-1998年本観測より-, 水文・水資源学会1999年研究発表会要旨集, pp.38-39, 1999.8

Tanaka, K., Y. Tachikawa, M. Shiiba, S. Ikebuchi : Intensified flux observation in GAME-HUBEX, Preprint Volume of 3rd Intl. Scientific Conf. on the Global Energy and Water Cycle, G-1.32, 1999.6

田中賢治, 椎葉充晴, 池淵周一, 立川康人 : HUBEXにおける水文フラックス観測, 1998年度GAME研究成果報告, GAME Publication No.13, pp.107-108, 1998.12

山本卓生, 田中賢治, 椎葉充晴 : 気象庁数値予報モデルJSMへの陸面過程モデルSiBUCの導入, 土木学会第53回年次学術講演会第II部門概要集, pp.56-57, 1998.9

林 祐樹, 田中賢治, 椎葉充晴 : SiBUCのパラメータ調整−'97年HUBEX予備観測より−, 土木学会第53回年次学術講演会第II部門概要集, pp.58-59, 1998.9

椎葉充晴, 堀 智晴, 立川康人, 田中賢治他 : 河道網系グリッドモデルによる実時間洪水予測手法, 土木学会第53回年次学術講演会第II部門概要集, pp.74-75, 1998.9

田中賢治, 池淵周一, 椎葉充晴 : GAME-HUBEXのフラックス観測-1997年予備観測より-, 水文・水資源学会1998年研究発表会要旨集, pp.244-245, 1998.8

武田喬男, 坪木和久, 田中賢治 : HUBEXの活動の現状報告, 1997年度GAME国内研究集会発表要旨集, GAME Publication No.8, pp.24-25, 1997.12

中村忠則, 田中賢治, 高棹琢馬 : 屋根面高度分布を考慮した都市域熱収支モデル, 土木学会第52回年次学術講演会第II部門概要集, pp.282-283, 1997.9

立川康人, 椎葉充晴, 市川 温, 田中賢治 : 陸面水文モデルと流出モデルとの結合について, 水文・水資源学会1997年研究発表会要旨集, pp.51-52, 1997.8

田中賢治, 前田敏彦, 中北英一, 池淵周一 : 水田におけるフラックス観測−琵琶湖プロジェクト96より−, 水文・水資源学会1997年研究発表会要旨集, pp.231-232, 1997.8

Tanaka, K., S.Ikebuchi : Surface Heat Flux Estimation in GAME-HUBEX, Proc. of Intl. Study Conf. on GEWEX in Asia and GAME, pp.72-73, 1997.3

池淵周一, 田中賢治 : 琵琶湖における予備観測の結果とHUBEXフラックス観測計画, 1996年度GAME国内研究集会発表要旨集, GAME Publication No.4, pp.25-26, 1996.12

田中賢治, 大石 哲, 中北英一, 池淵周一 : 琵琶湖プロジェクト'95における大気境界層の同期観測, 土木学会第51回年次学術講演会第II部門概要集, pp.806-807, 1996.9

田中賢治, 田中敬也, 池淵周一 : 複合場からの熱フラックスの算定-スケール効果の導入-, 土木学会第50回年次学術講演会第II部門概要集, pp.??-??, 1995.9

田中賢治, 前田敏彦, 池淵周一 : 地表面起伏形状と水・熱フラックス分布の関係, 水文・水資源学会1995年研究発表会要旨集, pp.54-55, 1995.8

田中賢治, 池淵周一 : 都市域・水体を考慮した生物圏モデル(SiBUC), 土木学会第49回年次学術講演会第II部門概要集, pp.??-??, 1994.9

田中賢治, 池淵周一, 田中敬也 : 流域スケールの蒸発散モデルのスケールアップ, 水文・水資源学会1994年研究発表会要旨集, pp.64-65, 1994.8

葛葉泰久, 池淵周一, 田中賢治 : 2次元モデルによる広域場からの蒸発散量推定に関する検討, 水文・水資源学会1992年研究発表会要旨集, pp.190-193, 1992.8