ニュース

H20年度の研究成果

◆完全査読付論文◆
小林孝・小尻利治・野沢徹 : 全球大気海洋結合モデルMIROC出力のダウンスケールと流域内降水量の推定, 水文・水資源学会誌, Vol.21, No.6, pp.423-438, 2008.

橋本直之, 牧 雅康, 田中賢治, 田村正行 : 作物農事暦推定にむけたLAI時系列変化パターン抽出法の検討, 日本リモートセンシング学会誌, 29(2), pp.381-391, 2009.

Rutter, N., R. Essery, J. Pomeroy, N. Altimir, K. Andreadis, I. Baker, A. Barr, P. Bartlett, A. Boone, H. Deng, H. Douville, E. Dutra, K. Elder, C. Ellis, X. Feng, A. Gelfan, A. Goodbody, Y. Gusev, D. Gustafsson, R. Hellstrom, Y. Hirabayashi, T. Hirota, T. Jonas, V. Koren, A. Kuragina, D. Lettenmaier, W. Li, C. Luce, E. Martin, O. Nasonova, J. Pumpanen, R. D. Pyles, P. Samuelsson, M. Sandells, G. Schadler, A. Shmakin, T. G. Smirnova, M. Stahli, R. Stockli, U. Strasser, H. Su, K. Suzuki, K. Takata, K. Tanaka, E. Thompson, T. Vesala, P. Viterbo, A. Wiltshire, K. Xia, Y. Xue, and T. Yamazaki : Evaluation of forest snow processes models (SnowMIP2), J. Geophys. Res., 114, D06111, 2009, doi:10.1029/2008JD011063.

萬 和明,田中賢治,中北英一:水収支に基づく土壌水分推定値の精度評価,土木学会水工学論文集, 第53巻,pp403-408,2009.

Fujihara, Y., S. P. Simonovic, F. Topaloglu, K. Tanaka, T. Watanabe : An inverse-modeling approach to assess the impacts of climate change in Seyhan River basin, Turkey, Hydrological Science Journal, Vol.53, No.6, pp.1121-1136, 2008.

Hanasaki, N., S. Kanae, T. Oki, K. Masuda, K. Motoya, N. Shirakawa, Y. Shen, K. Tanaka : An integrated model for the assessment of global water resources – Part 1: Model description and input meteorological forcing, Hydrology and Earth System Sciences, Vol.12, pp.1007-1025, 2008.

Hanasaki, N., S. Kanae, T. Oki, K. Masuda, K. Motoya, N. Shirakawa, Y. Shen, K. Tanaka : An integrated model for the assessment of global water resources – Part 2: Applications and assessments, Hydrology and Earth System Sciences, Vol.12, pp.1027-1037, 2008.

◆アブストラクト査読付論文◆
田中賢治, 相馬一義, 藤井嵩大, 山内 誠 : メソ数値気象モデルによる力学的ダウンスケーリングにおける土壌水分の効果, 2009土壌水分ワークショップ論文集, 2009.(印刷中)

萬 和明,田中賢治,中北英一 : 陸面過程モデルによる土壌水分推定およびその高精度化, 2009土壌水分ワークショップ論文集, 2009.(印刷中)

Nakanishi, K., K. Tanaka, D. Komori, T. Oki, T. Kojiri : Consideration of estimation method of precipitation data for numerical real-time flood forecasting, Proc. of the 4th APHW Conference, S2-24, 2008.

Hamaguchi, T., Y. Sato, K. Tanaka, E. Mori, T. Kojiri : Discharge Projection of the Yodo River Basin with Dam Reservoirs using MRI’s 20km-GCM and Its Impact Assessments due to Climate Change, Proc. of the 4th APHW Conference, S4-13, 2008.

Saber, M., T. Hamaguchi, T. Kojiri : Hydrological Modeling Considering Wadi System in Arid Area and its Application to Water Resources Management, Proc. of the 4th APHW Conference, S5-24, 2008.

Mori, E., T. Kojiri, K. Tanaka, T. Hamaguchi : Impact assessment of climate change considering reservoir operation and water resources circumstances in the Yodo River, Proc. of International Session for Annual Conference 2008 of Chinese Hydraulic Engineering Society – Impact of Climate Change on Hydrology and Water Resources, pp.1-14, 2008.

藤原洋一, 田中賢治, 渡邉紹裕, 長野宇規, 小尻利治 : 気候モデル・ダウンスケーリング手法・水文モデルによる温暖化影響評価の不確実性について, 応用水文, No.20, 2008(印刷中).

Nakanishi, K., K. Tanaka, D. Komori, T. Oki, T. Kojiri, S. Ikebuchi : Effects of Precipitation Data on an Improvement of Runoff Prediction, Proc. of 4th Intl. Conf. on Water Resources and Environment Research, pp.305-316, 2008.

Tanaka, K., Y. Fujihara, T. Kojiri : Assessing the Impact of Climate Change on the Surface Energy and Water Balance of the Seyhan River Basin Turkey, Proc. of 4th Intl. Conf. on Water Resources and Environment Research, pp.1180-1189, 2008.

Souma, K., K. Tanaka, E. Nakakita, S. Ikebuchi, K. Takara : Effect of the LDAS Derived Realistic Distribution of Soil Moisture on a Summertime Heat Thunderstorm Prediction in Japan, Proc. of 4th Intl. Conf. on Water Resources and Environment Research, pp.2339-2349, 2008.

久保田達也, 牧 雅康, 田中賢治, 田村正行 : 中国淮河における高時間分解能衛星データを用いた水田抽出と農事暦の推定, 生研フォーラム「宇宙からの地球環境モデリング」第17回論文集, pp.9-12, 2008.

◆紀要・報告書◆
萬 和明, 田中賢治, 中北英一 : 陸面過程モデルによる土壌水分量推定値の季節変動・年々変動の精度評価, 京都大学防災研究所年報, 第51号, pp.565-571, 2008.

小尻利治, 田中千尋, 田中賢治, 浜口俊雄 : 河川流域における環境影響物質発生領域の特定手法の開発, 京都大学防災研究所年報, 第51号, pp.715-721, 2008.

田中賢治, 萩澤佑樹, 佐久間良一, 小尻利治 : 気候モデルのバイアス検出と補正, 京都大学防災研究所年報, 第51号, pp.723-736, 2008.

浜口俊雄, 小尻利治, 森 英祐 : ダム貯水池モデルを組み込んだ流域環境評価モデリング, 京都大学防災研究所年報, 第51号, pp.737-747, 2008.

Nasouhi, S., T. Hamaguchi, T. Kojiri : Surface and Subsurface Flow System Configuration for Conjunctive use Management at Regional Scale, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.51, pp.759-768, 2008.

Saber M., T. Hamaguchi, T. Kojiri : Surface Runoff Modeling of Ephemeral Streams Considering Homogenization Theory in Arid Regions, Wadi Assiut in Egypt, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.51, pp.769-783, 2008.

和田健太郎, 小尻利治, 原山和也, 田中賢治, 浜口俊雄 : TCBMを利用した洪水流況予測に関する研究, 京都大学防災研究所年報, 第51号, pp.785-797, 2008.

井本昂志, 小尻利治, 田中賢治, 浜口俊雄 : 気候変動による流域水環境の変動特性に関する比較, 京都大学防災研究所年報, 第51号, pp.799-813, 2008.

◆学会発表等◆
橋本直之, 牧 雅康, 田中賢治, 田村正行 : 衛星画像を用いた作物LAI時系列変化パターンの推定 -北海道十勝地域における現地調査結果との比較-, 日本リモートセンシング学会第45回学術講演会, 2008年12月5日, 北海道情報大学

久保田達也, 牧 雅康, 田中賢治, 田村正行 : MODISデータを用いた水田抽出法の改良, 日本リモートセンシング学会第45回学術講演会, 2008年12月5日, 北海道情報大学

Tanaka, K., Y. Hagizawa, T. Kojiri : Bias correction of RCM output considering frequency distribution, Proc. of the 4th APHW Conference, S4-14, 2008.

牧 雅康, 橋本直之, 田中真哉, 田中賢治, 田村正行, 秋山侃 : リモートセンシングデータを用いた小麦の出穂期までのLAI推定, システム農学会2008年度秋季大会, 2008年10月31日, 酪農学園大学

Tanaka, K., K. Nakanishi, T. Kojiri, D. Komori, T. Oki, T.Sukhapunnaphan : Numerical forecasting of flood events in small catchment in North Thailand, International Interdisciplinary Conference on Predictions for Hydrology, Ecology, and Water Resources Management (HydroPredict2008), 2008.

高田敬規, 小尻利治, 吉川勝秀, 福成孝三 : 地域水文化を考慮した総合流域環境評価, 水文・水資源学会2008年度研究発表会要旨集, pp.36-37, 2008.

中西健一郎, 田中賢治, 小森大輔, 沖 大幹, 小尻利治 : 分布型流出モデルを用いたリアルタイム洪水予測システムの構築, 水文・水資源学会2008年度研究発表会要旨集, pp.46-47, 2008.

Saber, M., T. Kojiri, T. Hamaguchi : Hydrological model of distributed wadi system considering surface and subsurface runoff, Proc. of 2008 Annual Conference of Japan Society of Hydrology and Water Resources, pp.68-69, 2008.

田中賢治, 萩澤佑樹, 小尻利治 : RCM出力の頻度分布を考慮したバイアス補正, 水文・水資源学会2008年度研究発表会要旨集, pp.90-91, 2008.

森 英祐, 浜口俊雄, 佐藤嘉展, 小尻利治, 田中賢治 : ダム操作を考慮した地球温暖化による流域水資源分布評価とその応用, 水文・水資源学会2008年度研究発表会要旨集, pp.94-95, 2008.

浜口俊雄, 佐藤嘉展, 森 英祐, 田中賢治, 小尻利治 : バイアス補正をした超高解像度GCMによる淀川流域の将来流量予測, 水文・水資源学会2008年度研究発表会要旨集, pp.146-147, 2008.

萬 和明, 田中賢治, 中北英一 : 全球における土壌水分推定値の季節変化・年々変動の再現性検証, 水文・水資源学会2008年度研究発表会要旨集, pp.162-163, 2008.

森 英祐, 浜口俊雄, 小尻利治, 田中賢治 : ダム貯水池を含む流域水資源分布の地球温暖化影響評価に関する研究, 平成20年度土木学会関西支部年次学術講演概要, Ⅱ-59, 2008.

山下英夫, 小尻利治, 田中賢治, 浜口俊雄 : GCM 出力値を用いた桂川流域における日吉ダムの影響評価, 平成20年度土木学会関西支部年次学術講演概要, Ⅱ-61, 2008.

H19年度の研究成果

◆完全査読付論文◆
Toshiharu Kojiri, Toshio Hamaguchi and Mariko Ode : Assessment of Global Warming Impacts on Water Resources and Ecology of a River Basin in Japan, Journal of Hydro-environment Research, Vol.1, pp.164-175, 2008

Chaves, P., T. Kojiri : Conceptual fuzzy neural network model for water quality simulation, Hydrol. Process, Vol.21, pp.634-646, 2007.

Kojiri, T. : Importance and Necessity of integrated river basin management, J. Physics and Chemistry of the Earth, ScienceDirection, Elsevier, pp.1-8, 2007.

Kojiri, T., Hori. T., Nakatsuka, J., Chong, T-S. : World continental modeling for water resources using system dynamics, J. Physics and Chemistry of the Earth, ScienceDirection, Elsevier, 2007.

関井勝善,ポール ジェームス スミス,小尻利治 : 分布型を考慮したAI手法による実時間流出予測モデルの構築, 水文・水資源学会誌, Vol.20, No.4, pp.329-339, 2007.

和佐守紘, 川口智哉, 小尻利治 : 複数化学物質の動態を考慮した流域水生態環境評価モデルの構築, 水文・水資源学会誌, Vol.20, No.4, pp.278-290, 2007.

Fujihara, Y., K. Tanaka, T. Watanabe, T. Nagano, T. Kojiri : Assessing the Impacts of Climate Change on the Water Resources of the Seyhan River Basin in Turkey: Use of Dynamically Downscaled Data for Hydrologic Simulations, Journal of Hydrology, Vol.353, Issues 1-2, pp.33-48, 2008.

藤原洋一, 田中賢治, 渡邉紹裕, 小尻利治 : GCMs・ダウンスケーリング・水文モデルに起因する温暖化影響評価の不確実性, 土木学会水工学論文集, 第52巻, pp.373-378, 2008.

Umetsu, C., K. Palanisami, Z. Cokun, S. Donma, T. Nagano, Y. Fujihara, K. Tanaka : Water Scarcity and Alternative Cropping Patterns in Lower Seyhan Irrigation Project : A Simulation Analysis, Journal of Rural Economics: Special Issue 2007, pp.567-574, 2007.

Hanasaki, N., S. Kanae, T. Oki, K. Masuda, K. Motoya, Y. Shen, K. Tanaka : An integrated model for the assessment of global water resources – Part 1: Input meteorological forcing and natural hydrological cycle modules, Hydrology and Earth System Sciences Discussions, 4, pp.3535-3582, 2007.

小森大輔, 生駒栄司, 宮崎真, 沖大幹, 安形康, 鼎信次郎, 里村雄彦, 白木克繁, 田中賢治, 中尾忠彦, 根本利弘, 芳村圭 : 全球地球観測システム(GEOSS)採択研究「地球観測による効果的な水管理の先導的実現」に基づくタイ国Mae Wang流域におけるリアルタイム水文気象観測データモニタリングの展開, 水文・水資源学会誌, 20, No.3, pp.235-241, 2007.

◆アブストラクト査読付論文◆
G. S. De Costa, B. Datta, M. Porter, T. Kojiri, T. Hamaguchi : Strategic Management of Coastal Aquifers Subject to Salinity Intrusion, Proc. of 32nd Congress of IAHR, CD-ROM Publication, 2007.

Fujihara, Y., K. Tanaka, T. Nagano, T. Watanabe, T. Kojiri : Assessing the Impact of Climate Change on the Water Resources of the Seyhan River Basin Turkey, International Congress on River Basin Management, Vol.1, pp.453-463, 2007.

G. S. De Costa and T. Hamaguchi: Groundwater Behaviour in Subsurface Area of Underground Dams, Proc. of the 16th Congress of the IAHR-APD, pp.??-??, 2008.

◆紀要・報告書◆
萬和明, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : NDVI時系列解析を用いた北タイメーワン流域における高分解能作物分類とその検証, 京都大学防災研究所年報,第50号B, pp.595-602, 2007.

伊藤洋太郎, 茂木耕作, 相馬一義, 萬和明, 田中賢治, 池淵周一 : 都市環境が都市型集中豪雨に及ぼす影響の評価, 京都大学防災研究所年報, 第50号B, pp.715-723, 2007.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 日本における土壌水分量分布推定とそれが夏季の熱雷に与える影響の検討, 京都大学防災研究所年報,第50号B, pp.725-735, 2007.

中西健一郎, 田中賢治, 小森大輔, 沖大幹, 池淵周一 : 北タイメーワン流域の流出予測精度向上に対する地球観測データの有効性の検討, 京都大学防災研究所年報, 第50号B, pp.737-747, 2007.

小尻利治・原山和也・田中賢治・浜口俊雄: 事例ベースモデルと分布型流出モデルを併用した河川流量予測, 京都大学防災研究所年報,第50号B,pp.749-757,2007.

浜口俊雄・小尻利治・Mohamed Saber: 均質化理論に基づくアップスケーリングの水文学的適用法, 京都大学防災研究所年報,第50号B,pp.759-764,2007.

田崎紘平, 田中賢治, 嶋村鉄也, 竹門康弘, 池淵周一 : 深泥池における水・熱収支に関する研究, 京都大学防災研究所年報, 第50号B, pp.789-803, 2007.

◆学会発表等◆
Kenji Tanaka : Importance of rainfall measurement for flood forecasting, Thailand-Japan Inundatory Mitigation Discourse, Hua Hin, Thailand, 2007.

中西健一郎, 田中賢治, 小森大輔, 沖 大幹, 池淵周一 : 北タイMaeWang流域の流出予測精度向上に向けた地球観測データの有効性検討, 平成19年度土木学会関西支部年次学術講演概要, Ⅱ-6, 2007.

高田敬規, 小尻利治, 田中賢治, 浜口俊雄 : 斐伊川水系を対象とした総合流域管理策定に関する研究, 平成19年度土木学会関西支部年次学術講演概要, Ⅱ-19, 2007.

藤原覚太, 浜口俊雄, 小尻利治 : 食物連鎖による物質動態を考慮した流域水・生態環境モデルの構築, 平成19年度土木学会関西支部年次学術講演概要, Ⅱ-20, 2007.

Yorozu K., K. Tanaka, E. Nakakita, S. Ikebuchi : Controlling meteorological factor for inter-annual variability of NDVI, IUGG XXIV General Assembly, Perugia, Italy, HW2003-66, 2007.

Tanaka, K., T. Kojiri, S. Ikebuchi : Bias correction of the meteorological variables from RCM for hydrological application, IUGG XXIV General Assembly, Perugia, Italy, MS016-60, 2007.

藤原洋一, 田中賢治, 渡邉紹裕, 小尻利治 : 温暖化がセイハン川流域の水資源に及ぼす影響評価, 農業土木学会大会講演会, 松江, 2007年8月.

中西健一郎, 田中賢治, 小森大輔, 沖 大幹, 池淵周一 : 北タイMae Wang流域の流出予測精度向上に向けた地球観測データの有効性検討, 水文・水資源学会2007年度研究発表会要旨集, pp.28-29, 2007.

浜口俊雄, 小尻利治, M. Saber: アップスケール時に均質化された水文モデルパラメータ同定, 水文・水資源学会2007年度研究発表会要旨集,pp.44-45,2007.

高田敬規, 小尻利治, 田中賢治, 浜口俊雄 : 斐伊川水系を対象とした流出解析及び総合流域評価, 水文・水資源学会2007年度研究発表会要旨集,pp.64-65,2007.

萬 和明, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 全球陸域植生に対する気象支配因子の推定, 水文・水資源学会2007年度研究発表会要旨集,pp.80-81,2007.

藤原覚太, 浜口俊雄, 小尻利治: 食物連鎖による物質動態を考慮した流域水・生態環境モデルの構築, 水文・水資源学会2007年度研究発表会要旨集,pp.110-111,2007.

浜口俊雄, 小尻利治: 地盤・気象GISデータとGCMを用いた地球温暖化の流域土・水資源量への影響評価, 第42回地盤工学研究発表会発表講演集,pp.185-186,2007.

田中賢治 : 衛星解析による農事暦推定と作物判別 ならびに陸面モデルにおける灌漑の表現, 「水循環」プロ農工研 グループ研究会, 2007.9.3

萬 和明, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 相関分析による植生に対する気象支配因子の推定, 日本気象学会2007年度秋季大会講演予稿集, pp.530, 2007.

久保田達也, 牧雅康, 田中賢治, 田村正行 : 中国淮河における高時間分解能衛星データを用いた水田抽出と農事暦の推定, 生研フォーラム「宇宙からの地球環境モデリング」第17回論文集, pp.9-12, 2008.

藤原洋一, 田中賢治, 渡邉紹裕, 長野宇規, 小尻利治 : 気候モデル・ダウンスケーリング手法・水文モデルによる温暖化影響評価の不確実性について, 水文・水環境研究部会シンポジウム, 岡山, 2007年11月.

Kenji Tanaka : Lecture 7, Land Surface Process, 17th IHP Training course-Numerical Prediction of High-Impact Weather Systems, 2007.12.4

Tanaka K., K. Yorozu : Selecting the best meteorological forcing dataset for each river basin, Eos Trans. AGU, 88(52), Fall Meet. Suppl., Abstract H33C-1455, 2007.

Yorozu K., K. Tanaka, E. Nakakita, S. Ikebuchi : Understanding of accuracy on calculated soil moisture field for the study of land-atmosphere interaction, Eos Trans. AGU, 88(52), Fall Meet. Suppl., Abstract H33C-1452, 2007.

H18年度の研究成果

◆完全査読付論文◆
Chaves, P. and T. Kojiri : Stochastic Fuzzy Neural Network Model: Deriving Optimal Stochastic Reservoir Operation Rules, 7th Inter. Conf. on Hydroinformatics HIC 2006, CD.

Nakatsuka J., T. Hori, T. Kojiri and T.-S. Chongan : Modeling of the World Water Dynamics at Continental Scope with Water Resources Limitation, J. Japan Soc. Hydrol. & Water Resour., Vol.20, No.1, pp.47-54, 2007.

Kerkhoven, E., T.Y. Gan, M. Shiiba, G. Reuter, and K. Tanaka : A comparison of cumulus parameterization schemes in a numerical weather prediction model for a monsoon rainfall event, Hydrological Processes, Vol.20, No.9, pp.1961-1978, 2006.

藤原洋一, 小尻利治 : 温暖化が水資源に及ぼす影響評価における不確実性に関する研究, 土木学会水工学論文集, Vol.51, pp.427-432, 2007.

小森大輔, 生駒栄司, 宮崎真, 沖大幹, 安形康, 鼎信次郎, 里村雄彦, 白木克繁, 田中賢治, 中尾忠彦, 根本利弘, 芳村圭 : 全球地球観測システム(GEOSS)採択研究「地球観測による効果的な水管理の先導的実現」に基づく タイ国Mae Wang流域におけるリアルタイム水文気象観測データモニタリングシステムの展開, 水文・水資源学会誌, Vol.20, No.3, pp.235-241, 2007.

◆アブストラクト査読付論文◆
Hamaguchi, T., T. Kojiri, E. Nakakita: New Approach to Distributed Parameter Identification in Groundwater Hydrology under Geostatistics-generated Observations, Proc of the 3rd APHW Conference on Wise Water Resources Management towards Sustainable Growth and Poverty Reduction, ST1-01-A05-302, 2006 (CD-ROM).

Nasouhi, S., T. Hamaguchi, T. Kojiri: Conjunctive Simulation of Surface and Subsurface Flow within Water Budget, Proc of the 3rd APHW Conference on Wise Water Resources Management towards Sustainable Growth and Poverty Reduction, ST1-01-A05-325, 2006 (CD-ROM).

Tanaka, K., Y. Fujihara, T. Watanabe, T. Kojiri and S. Ikebuchi : The Impact of Climate Change on the Surface Water Balance in Semi-arid Region, Proc of the 3rd APHW Conference on Wise Water Resources Management towards Sustainable Growth and Poverty Reduction, ST1-01-A07-433, 2006 (CD-ROM).

Ito, Y., Q. Moteki, K. Souma, K. Yorozu, K. Tanaka, S. Ikebuchi : Effects of Urban Heating on the Rainfall Event by a Cloud Resolving Model, Proc of the 3rd APHW Conference on Wise Water Resources Management towards Sustainable Growth and Poverty Reduction, ST1-05-A26-427, 2006 (CD-ROM).

Yorozu, K., K. Tanaka, S. Ikebuchi : The Analysis of Inter-annual Variability of Irrigation Water Requirement by Land Surface Model, Proc of the 3rd APHW Conference on Wise Water Resources Management towards Sustainable Growth and Poverty Reduction, ST1-05-A29-432, 2006 (CD-ROM).

Kawaguchi, T., T. Kojiri : Development of Distributed Hydrological Model Representing Relationship between Water Cycle and Human Activities for Whole River Basin Environmental Assessment, 3rd Inter. Symp. on Integrated Water Resources Management Reducing the Vulnerability of Societies Against Water Related Risks at the Basin Scale, 2006.

藤原洋一, 田中賢治, 渡邉紹裕, 小尻利治 : トルコ・セイハン川流域の水資源に及ぼす温暖化の影響, 応用水文, No.19, pp.107-116, 2006.

Fujihara, Y., K. Tanaka, T. Nagano, T. Watanabe, T. Kojiri : Assessing the Impact of Climate Change on the Water Resources of the Seyhan River Basin Turkey, International Congress on River Basin Management, Vol.1, pp.453-463, 2007.

Fujihara, Y., K. Tanaka, T. Watanabe, T. Kojiri : Potential Impacts of Climate Change on the Hydrology and Water Resources of the Seyhan River Basin, Proceedings of the International Symposium on Water and Land Management for Sustainable Irrigated Agriculture, 2006(CD-ROM).

Umetsu, C., K. Palanisami, Z. Coskun, S. Donma, T. Nagano, Y. Fujihara, K. Tanaka : Climate Change and Alternative Cropping Patterns in Lower Seyhan Irrigation Project: A Simulation Analysis, The 3rd International Groundwater Conference (IGC2007), Water, Environment and Agriculture: Present Problems and Future Challenges, Coimbatore, India, February 2007.

Umetsu, C., K. Palanisami, Z. Coskun, S. Donma, T. Nagano, Y. Fujihara, K. Tanaka : Climate Change and Alternative Cropping Patterns in Lower Seyhan Irrigation Project: A Simulation Analysis, The Agricultural Economics Society of Japan Annual Meeting, Ginowan, Japan, March 2007.

◆紀要・報告書◆
山田賢治・池淵周一・田中賢治・相馬一義 : 気象庁数値予報データ(GPV)の統計的検証, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.601-616, 2006.

相馬一義, 田中賢治, 池淵周一: 現業気象データと陸面過程モデルによる日本の地表面状態量の推定, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.617-624, 2006.

Yorozu, K., K. Tanaka, S. Ikebuchi : Correlation analysis of inter-annual variability of IWR, Precipitation and NDVI, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.49B, pp.625-632, 2006.

浜口俊雄, 小尻利治, 中北英一: 地球統計学的な疑似生成観測値の利用によるパラメータの空間分布同定, 京都大学防災研究所年報,第49号B,pp.633-639,2006.

Nasouhi,S., T.Hamaguchi, T.Kojiri : Conjunctive Simulation of Surface and Subsurface flow within Water Budget, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.49B, pp.641-659, 2006.

小尻利治, 和佐守紘, 川口智哉, 友杉邦雄 : 化学物質の魚類への影響を考慮した流域環境評価モデルの構築に関する研究, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.701-715, 2006.

Smith, P. J., T. Kojiri, K. Sekii : Risk-based Flood Evacuation Decision using a Distributed Rainfall-Runoff Model, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.49B, pp.717-732, 2006.

Nozawa, T., T. Kojiri, T. Kobayashi : Estimation of High-Resolution Precipitation Distribution in a River Basin from Outputs Simulated by a General Circulation Model, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.49B, pp.733-740, 2006.

小尻利治, 浜口俊雄, 大出真理子 : 地球温暖化による流域水資源・生態への影響評価, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.741-753, 2006.

安藤朝夫, 小尻利治, 菊池祥子, 中嶌一憲 : 地球温暖化の経済評価のためのリカーシブモデルの開発, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.755-770, 2006.

Ikebuchi, S., T.Kojiri, Y.Hagihara, K.Tomosugi, Y.Takemon, K.Tanaka, T.Hamaguchi : Water Resources and Environment Assessment in River Basin based on Hydro-BEAM, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.49C, pp.113-118, 2006.

◆著書◆
小尻利治:役に立つ土木工学シリーズ② 水資源工学、朝倉書店

Toshiharu Kojiri: Hydrological River Basin Environment Assessment Model, Watershed Models, Edited by V.P. Singh and D.K. Frevert, Taylor & Francis, 613-626, 2006.

◆新聞・雑誌記事◆
小尻利治, 社会工学研究所, 山陰中央新報, 4/23/2006.

◆学会発表等◆
佐久間良一,田中賢治,相馬一義,池淵周一 : 領域気象モデルによる降水予測精度の不確実性成因分析―降水種別の精度評価―, 平成18年度土木学会関西支部年次学術講演概要,Ⅱ-1,2006 (CD-ROM).

池田恭彬, 浜口俊雄, 小尻利治 : 広域における地下水と表流水の有機的活用に関する研究, 平成18年度土木学会関西支部年次学術講演概要,Ⅱ-13,2006 (CD-ROM).

和田健太郎, 野原大督, 小尻利治, 浜口俊雄 : 気象情報と人工知能手法を利用した長期流量予測に関する研究, 平成18年度土木学会関西支部年次学術講演概要,Ⅱ-15,2006 (CD-ROM).

井本昂志, 大出真理子, 浜口俊雄, 小尻利治 : 地球温暖化による流域水資源分布の推定と比較に関する研究, 平成18年度土木学会関西支部年次学術講演概要,Ⅱ-18,2006 (CD-ROM).

鈴木章吾,相馬一義,田中賢治,浜辺良,池淵周一 : 京都における都市気象シミュレーションのための人工排熱量分布の推定, 平成18年度土木学会関西支部年次学術講演概要,Ⅱ-22,2006 (CD-ROM).

Souma, K., K. Tanaka, and S. Ikebuchi : Estimation of the Land Surface State in Japan Using Meteorological Data and Land Surface Model, Proc. of AOGS 3rd Annual Meeting 2006, 59-HS-A1245, 2006 (CD-ROM).

Tanaka, K., K. Tasaki, and Y. Takemon : Thermal insulation effect by floating island in Mizoro-ga-ike Pond, Proc. of AOGS 3rd Annual Meeting 2006, 59-HS-A1251, 2006 (CD-ROM).

佐久間良一,田中賢治,相馬一義,池淵周一 : 領域気象モデルによる降水予測精度の不確実性成因分析―降水種別の精度評価―, 水文・水資源学会2006年度研究発表会要旨集, pp.2-3, 2006.

萬和明,田中賢治,池淵周一 : 気象変動に対する農業システムの耐性・脆弱性, 水文・水資源学会2006年度研究発表会要旨集, pp.40-41, 2006.

井本昂志, 浜口俊雄, 小尻利治 : 地球温暖化による流域水資源分布の推定と比較, 水文・水資源学会2006年度研究発表会要旨集, pp.52-53, 2006.

浜口俊雄, 小尻利治, 池田恭彬 : 流域水資源分布評価モデルにおける地中水資源量の算定, 水文・水資源学会2006年度研究発表会要旨集,pp.60-61,2006.

和田健太郎, 野原大督, 小尻利治, 関井勝善 : 気象情報と人工知能手法を利用した長期流量予測に関する研究, 水文・水資源学会2006年度研究発表会要旨集,pp.66-67,2006.

原山和也, 小尻利治, 須田日出男 : リアルタイム河川流量予測システムの開発とその予測精度, 水文・水資源学会2006年度研究発表会要旨集,pp.98-99,2006.

鈴木章吾,相馬一義,田中賢治,浜辺良,池淵周一 : 京都における都市気象シミュレーションのための人工排熱量分布の推定, 水文・水資源学会2006年度研究発表会要旨集,pp.294-295,2006.

藤原洋一、田中賢治、渡邉紹裕、小尻利治 : 温暖化がセイハン川流域の水資源に及ぼす影響と適応, 平成18年度農業土木学会講演要旨集, pp.??-??, 2006.

浜口俊雄・小尻利治・中北英一: 透水係数分布同定時の観測更新感度向上のための地球統計補完地下水モデル利用法, 平成18年度農業土木学会講演要旨集,pp.800-801,2006.

浜口俊雄・小尻利治・池田恭彬: 表流水・地下水挙動を物理的に連携させた流域環境評価モデルの構築, 第61回土木学会年次学術講演会講演概要集CD-ROM,II-66,pp.129-130,2006.

Yoichi FUJIHARA, Kenji TANAKA, Tsugihiro WATANABE, and Toshiharu KOJIRI : Potential Impacts of Climate Change on the Hydrology and Water Resources of the Seyhan River Basin, Turkey, RIHN First International Symposium, Kyoto, November 2006 (Poster)

藤原洋一, 田中賢治, 渡邉紹裕, 小尻利治 : トルコ・セイハン川流域の水資源に及ぼす温暖化の影響, 水文・水環境研究部会シンポジウム, 松江, 2006年11月(口頭)

Kenichiro Nakanishi: Evaluation of the effectiveness of the Earth observation data on the improvement of runoff prediction in the Mae Wang basin in northern Thailand, Hydrology delivering Earth System Science to Society, Poster presentation, 2006.

Yoichi FUJIHARA, Kenji TANAKA, Tsugihiro WATANABE, and Toshiharu KOJIRI : Assessing the Impact of Climate Change on the Water Resources of the Seyhan River Basin Turkey, International Congress on River Basin Management, Antalya, Turkey, March 2007 (Oral)

H17年度の研究成果

◆完全査読付論文◆
Tanaka, K., Y. Fujihara, T. Watanabe, T. Kojiri, and S. Ikebuchi : Projection of the impact of climate change on the surface energy and water balance in the Seyhan River Basin Turkey, Annual Journal of Hydraulic Engineering, JSCE, Vol.50, pp.31-36, 2006.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 夏季の山地域における対流性降水に土壌水分量の違いが与える影響, 土木学会水工学論文集, 第50巻, pp.517-522, 2006.

萬和明, 田中賢治, 池淵周一 : 全球灌漑要求水量と降水量の相関分析, 土木学会水工学論文集, 第50巻, pp.535-540, 2006.

伊藤洋太郎, 茂木耕作, 相馬一義, 萬和明, 田中賢治, 池淵周一 : 詳細な陸面過程を組み込んだ雲解像モデルを用いた練馬豪雨発生に対する都市の影響評価, 土木学会水工学論文集, 第50巻, pp.385-390, 2006.

藤原洋一・大出真理子・小尻利治・友杉邦雄・入江洋樹 : 地球温暖化が利根川上流域の水資源に及ぼす影響評価, 土木学会水工学論文集, 第50巻, pp.367-372, 2006.

Smith,P.J., K.Sekii, and T.Kojiri : Interpolation of runoff prediction for distributed flood forecasting, Stochastic Hydraulics 2005, pp.???-???, 2005.

Nohara,D., T.Kojiri, and P.J.Smith : Heuristic DSS for reservoir operation considering global meteorological information, Proc. of Flood Defence, pp.361-370, 2005.

Sekii,K., P.J.Smith, T.Kojiri : A Distributed Filtering Algorithm for Forecasting of Basin-wide Flood Runoff, The International Conference on Reservoir Operation & River Management (ICROM), 2005.

Park,J-H., T.Kojiri, and K.D.Koo : STUDY ON COMPARATIVE METHOD USING AHP AND GIS BASED DISTRIBUTED RUNOFF MODEL, Proc. XXXI IAHR Congress, 2005.

Kojiri,T., T.Hori, J.Nakatsuka, T-S.CHONG : WORLD CONTINENTAL MODELING FOR WATER RESOURCES USING SYSTEM DYNAMICS, Proc. XXXI IAHR Congress, 2005.

Nawahda,A., T.Kojiri, and I.Kaihotsu : Distributed Runoff Model Linking Surface with Groundwater Processes, J. Japan Soc. Hydro.& Water Resour., Vol.18, No.3, pp.293-305, 2005.

野原大督, 小尻利治 : 地球規模気象情報を考慮した学習型貯水池操作支援システム, 水文・水資源学会誌, 第19巻, 第1号, pp.25-43, 2006.

◆アブストラクト査読付論文◆
Yorozu,K., K.Tanaka, and S.Ikebuchi : Estimation of global distribution of required water for irrigation using SiBUC, Proc. of XII World Water Congress, 2005.(CD-ROM)

Fujihara,Y., K.Tanaka, T.Watanabe, and T.Kojiri : Potential Impacts of Climate Change on the Hydrology and Water Resources of the Seyhan River Basin, Proc. of the International Symposium on Water and Land Management for Sustainable Irrigated Agriculture (CD-ROM), 2006.

Fujihara,Y., S.P.Simonovic, F.Topaloglu, T.Watanabe, and K.Tanaka : Inverse Modeling Approach to Assess the Impacts of Climatic Change on Water Resources Management on the Watershed Scale, Proc. of the International Workshop for the Research Project on the Impact of Climate Changes on Agricultural Production System, pp.91-96, 2006.

◆紀要・報告書◆
山田賢治, 池淵周一, 田中賢治, 相馬一義 : 気象庁数値予報データ(GPV)の統計的検証, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.???-???, 2006.

相馬一義, 田中賢治, 池淵周一 : 現業気象データと陸面過程モデルによる日本の地表面状態量の推定, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.???-???, 2006.

Yorozu, K., K.Tanaka, S.Ikebuchi : Correlation analysis of inter-annual variability of IWR, precipitation and NDVI, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.49 B, pp.???-???, 2006.

浜口俊雄, 小尻利治, 中北英一 : 地球統計学的な疑似生成観測値の利用によるパラメータの空間分布同定, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.???-???, 2006.

Nasouhi,S., T.Hamaguchi, T.Kojiri : Conjunctive Simulation of Surface and Subsurface flow within Water Budget Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.49 B, pp.???-???, 2006.

小尻利治, 和佐守紘, 川口智哉, 友杉邦雄 : 化学物質の魚類への影響を考慮した流域環境評価モデルの構築に関する研究, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.???-???, 2006.

Smith,P.J., 関井勝善, 小尻利治 : 分布型流出モデルを用いた洪水リスクに基づく避難意思決定支援システム, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.???-???, 2006

野沢徹, 小尻利治, 小林孝 : 地球温暖化時の時空間高解像度降水分布の推定, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.???-???, 2006.

小尻利治, 浜口俊雄, 大出真理子 : 地球温暖化による流域水資源・生態への影響評価, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.???-???, 2006.

安藤朝夫, 小尻利治, 菊池祥子, 中嶌一憲 : 地球温暖化の経済評価のためのリカーシブモデルの開発, 京都大学防災研究所年報, 第49号B, pp.???-???, 2006.

Tanaka,K., K.Souma, E.Nakakita, and S.Ikebuchi : The Importance of Surface Heating in Short-term Numerical Weather Prediction, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.48 C, pp.97-109, 2005.

Moteki,Q., Y.Ito, K.Yorozu, K.Souma, A.Sakakibara, K.Tsuboki, T.Kato, K.Tanaka, and S.Ikebuchi : Estimation for Effects of Existence of Urban on Development of Cumulonimbus Clouds Using Atmosphere-Land Coupled Model of CReSiBUC, Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No.48 C, pp.197-208, 2005.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 夏季の琵琶湖周辺における対流性降水に地表面状態が与える影響の検討, 京都大学防災研究所年報, 第48号B, pp.815-822, 2005.

浜口俊雄, 川久保愛太, 小尻利治, Sina Nasouhi, 中北英一 : 広大な乾燥地帯を対象とした表面流・地下水流連成解析の問題点と打開策, 京都大学防災研究所年報, 第48号B, pp.823-832,2005.

◆著書◆
Nohara,D., T.Kojiri, and P.J.Smith : Heuristic DSS for reservoir operation considering global meteorological information, Floods, from Defence to Management – Van Alphen, van Beek & Taal (eds) Taylor & Francis Group, London, pp.361-370, 2005.

◆学会発表等◆
相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 夏季の山地域における対流性降水に地表面状態の違いが与える影響, 日本気象学会2005年度春季大会講演予稿集, pp.504, 2005.

伊藤、関西支部

川久保愛太, 浜口俊雄, 中北英一 : 地表水の影響を受けた広域地下水解析とその簡便化手法, 平成17年度土木学会関西支部年次学術講演概要, II-9, 2005.

浜口俊雄, 中北英一, 川久保愛太 : 地盤統計学に基づく地表高・地下水位・基盤高同時分布推定と広域地下水解析への適用, 第40回地盤工学研究発表会発表講演集, pp.1249-1250, 2005.

Tanaka,K., K.Tasaki, and Y.Takemon : Energy and water balance of Mizoro-ga-ike Pond, Proc. of AOGS 2nd Annual Meeting 2005, 58-HS-A1453, 2005 (CD-ROM).

Souma,K., K.Tanaka, E.Nakakita, and S.Ikebuchi : The effect of land surface condition on convective precipitation over the mountainous region in Japan during the summer season, Proc. of AOGS 2nd Annual Meeting 2005, 58-OA-A1360, 2005 (CD-ROM).

甲山治, 田中賢治, 池淵周一, 砂田憲吾 : 中央アジア・アラル海流域における水文・気象データの長期解析, 水文・水資源学会2005年研究発表会要旨集, pp.16-17, 2005.

伊藤洋太郎, 茂木耕作, 相馬一義, 萬和明, 田中賢治, 池淵周一 : 詳細な陸面過程を組み込んだ雲解像モデルを用いた練馬豪雨発生に対する都市の影響評価, 水文・水資源学会2005年研究発表会要旨集, pp.18-19, 2005.

相馬一義, 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 夏季の山岳域における対流性降水に土壌水分が与える影響, 水文・水資源学会2005年研究発表会要旨集, pp.24-25, 2005.

Nasouhi,S., T.Kojiri, T.Hamaguchi : Generalized Piston Flow Approach for Conjunctive Simulation of Surface and Ground Water Inflow, 水文・水資源学会2005年研究発表会要旨集, pp.66-67, 2005.

浜口俊雄, 中北英一 : 統計補完地下水モデルから生成した疑似観測データで同定した透水係数分布, 水文・水資源学会2005年研究発表会要旨集, pp.212-213, 2005.

田中賢治, 渡辺裕司, 相馬一義, 池淵周一 : 領域気象モデルによる降水量プロダクトの定量的な利用にむけて, 水文・水資源学会2005年研究発表会要旨集, pp.314-315, 2005.

大出真理子, 藤原洋一, 小尻利治 : 気候変動による流域水資源分布への影響評価, 水文・水資源学会2005年研究発表会要旨集, pp.???-???, 2005.

浜口俊雄, 川久保愛太, 中北英一 : 乾燥地における広域表面流・地下浸透流解析と不飽和流のモデル簡便化, 平成17年度農業土木学会講演要旨集, pp.942-943, 2005.

藤原洋一, 小尻利治, 大出真理子, 入江洋樹 : 気候変動が流域水資源に及ぼす影響の評価方法について, 平成17年度農業土木学会大会講演会, pp.???-???, 2005.

浜口俊雄, 中北英一 : 地盤統計学を基に疑似生成した観測データの利用による透水係数分布同定, 第60回土木学会年次学術講演会講演概要集CD-ROM, II-34, pp.67-68, 2005.

H16年度の研究成果

◆完全査読付論文◆
萬和明・田中賢治・池淵周一 : NDVI時系列解析による全球作物分類図の作成, 土木学会水工学論文集, 第49巻, pp.379-384,2005.

甲山治・山田賢治・田中賢治・池淵周一 : 衛星起源の植生状態量及び地上気象データを用いた土地被覆と生育作物の判別, 土木学会水工学論文集, 第49巻, pp.373-378, 2005.

相馬一義・田中賢治・中北英一・池淵周一 : 琵琶湖周辺の対流性降水に地表面状態及び局地循環が与える影響の検討, 土木学会水工学論文集, 第49巻, pp.259-264, 2005.

浜口俊雄 : 分布モデル化による透水係数同定問題の非適切性克服と解の観測更新感度向上, 土木学会水工学論文集, 第49巻, pp.109-114, 2005.

玉川一郎・田中賢治・石田祐宣・樋口篤志・松島 大・浅沼順・小野圭介・ 多田毅・林泰一・石川裕彦・田中広樹・檜山哲哉・岩田徹・田中健路・中北英一・ CAPS観測グループ : 琵琶湖プロジェクト2002年フラックス面的集中観測 (Catch A Plume by SATs: CAPS:その概要, 水文・水資源学会誌, Vol.17, No.4, pp.392-400, 2004.

朴珍赫・小尻利治・友杉邦雄 : GISベースの分布型流出モデルを用いた比較水文学の提案, 水文・水資源学会誌, Vol.17, No.4, pp.368-380, 2004.

◆アブストラクト査読付論文◆
Nawahda,A. and T.Kojiri : Integrated Hydrological Watershed Modeling Including Spatiotemporal Parameterizations, Proc. of the 6th Int. Conference on Hydroinformatics, pp.1019-1026, 2004.

Fujihara,Y., H.Tanakamaru, T.Hata, and A.Tada : Performance Evaluation of Rainfall-Runoff Models Using Multi-Objective Optimization Approach, Proc. of the 2nd International Conference on Hydrology and Water Resources in Asia Pacific Region, vol.2, pp.575-582, 2004.

Tanaka,K., M.Morohashi, and S.Ikebuchi : Development of a new Soil Moisture Retrieval Algorithm using TRMM/TMI polarization ratio and NDVI, Proc. of the 2nd International Conference on Hydrology and Water Resources in Asia Pacific Region, vol.2, pp.686-693, 2004.

Kozan,O., K.Tanaka, S.Ikebuchi, and M.Qian : Landuse and cropping pattern classification using satellite derived vegetation indices in the Huaihe river basin, Proc. of the 2nd International Conference on Hydrology and Water Resources in Asia Pacific Region, vol.2, pp.732-740, 2004.

Tanaka,K., K.Yorozu, and O.Kozan : Seasonal and inter-annual variations of the energy and water budget in south-east Asia -results from the GSWP2 baseline simulation-, Forest and water in warm humid Asia, Proc. of a workshop of the International Union of Forest Research Organizations (IUFRO), pp.45-48, 2004.

Costa,G.S.D., T.Kojiri, and M.Porter : Salinity intrusion – its characteristics and impact – Case in the Asia Pacific Region, Proc. of the 4th Int. Symposium on Environmental Hydraulics and the 14th Congress of APD-IAHR, pp.2027-2032, 2004.

Tanaka,K., K.Souma, K.Tsuboki, and S.Ikebuchi : Production of final dataset of GAME-HUBEX Regional 4DDA by JSM-SiBUC, Proceedings CD-ROM of the 6th International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, 2004 (CD-ROM).

Kozan,O., K.Yamada, K.Tanaka, and S.Ikebuchi : Estimation of land use and water usage in the Huaihe river basin from field survey and satellite analysis, Proceedings CD-ROM of the 6th International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, 2004 (CD-ROM).

Ishida,S., K.Tanaka, A.Higuchi, I.Tamagawa, and D. Matsushima : Surface heat balance using flux measurement array during Catch A Plume by SATs (CAPS) IOP, Proceedings CD-ROM of the 6th International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, 2004 (CD-ROM).

Tanaka,K., K.Yorozu, R.Hamabe, and S.Ikebuchi : Validation of the GSWP2 Baseline Simulation, Proc. of 85th AMS Annual Meeting, 19th conference of Hydrology, 6.2, 2005 (CD-ROM).

Yorozu,K., K.Tanaka, and S.Ikebuchi : Creating a global 1-degree dataset of crop type and cropping calendar through the time series analysis of NDVI for GSWP2 simulation considering irrigation effect, Proc. of 85th AMS Annual Meeting, 19th conference of Hydrology, 6.8, 2005 (CD-ROM).

Souma,K., K.Tanaka, E.Nakakita, and S.Ikebuchi : Coupling a mosaic land surface scheme (SiBUC) with a nonhydrostatic atmospheric model (ARPS), Proc. of 85th AMS Annual Meeting, 19th conference of Hydrology, P3.18, 2005 (CD-ROM).

Hamaguchi,T. and E.Nakakita : Mathematical countermeasures to difficulty in indentifying distributed permeabilities and in enhancing sensitivity of updating parameters from observed data, Proc. of International Conference on Monitoring, Prediction and Mitigation of Water-Related Disasters(MPMD-2005), pp.107-112, 2005.

甲山治・山田賢治・田中賢治・池淵周一 : 衛星リモートセンシングと陸面過程モデルを用いた中国史灌河流域における 水利用の推定, 第4回水文過程のリモートセンシングとその応用に関する ワークショップ, pp.45-54, 2004.

◆紀要・報告書◆
浜口俊雄 : 透水係数の不均質分布構造同定における非適切問題の克服法, 京都大学防災研究所年報, 第47号B, pp.819-829, 2004.

相馬一義・田中賢治・中北英一・池淵周一 : ARPSによる琵琶湖プロジェクト集中観測時の大気場の再現(第二報), 京都大学防災研究所年報, 第47号B, pp.831-850, 2004.

開發一郎・山中勤・池淵周一・小尻利治 : 半乾燥地域平地での広域地下水涵養-モンゴル高原での観測結果解析-, 京都大学防災研究所年報, 第47号B, pp.863-870, 2004.

Nawahda,A., T.Kojiri, and S.Ikebuchi : Distributed Runoff Model Linking Surface with Groundwater Processes, Disaster Prevention Research Institute Annuals, No.47C, pp.83-88, 2004.

◆講義・講演会テキスト◆
Tanaka, K. : Land Surface Processes, The Textbook for the 12th IHP Training Course in 2003, Eds. by E. Nakakita and H. Uyeada, UNESCO, 21 pp.79-110, 2004.

◆学会発表等◆
石田祐宣・安田延壽・田中賢治・玉川一郎・樋口篤志・CAPS2003 参加メンバー : CAPS2003観測データを用いた接地気層乱流の構造-高次相関量の確率分布を中心として-, 2004年度気象学会春季学会, P156, 2004.

山形景子・城戸由能・岡太郎 : 鴨川における昭和10年大洪水とその後の流出特性変化, 平成16年度土木学会関西支部年次学術講演概要, II-8, 2004.

萬和明・田中賢治・池淵周一 : 陸面過程モデルSiBUCによる灌漑を考慮に入れた全球土壌水分量分布の算定, 平成16年度関西支部年次学術講演会講演概要, II-18, 2004.

山田賢治・甲山治・田中賢治・池淵周一 : 衛星による植生状態量及び地上気象データを用いた土地利用判別手法の構築, 平成16年度関西支部年次学術講演会講演概要, II-19, 2004.

奥田一弘・岡太郎・城戸由能・浜口俊雄 : 100年確率降雨を想定した鴨川の改修に関する研究, 平成16年度土木学会関西支部年次学術講演概要, II-30, 2004.

浜口俊雄 : 地盤統計モデルに基づく透水係数分布の構造同定, 第39回地盤工学研究発表会発表講演集, pp.1249-1250, 2004.

甲山治・田中賢治・池淵周一 : 陸面過程モデルを用いた中国史灌流域における灌漑用水量の検証, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, pp.26-27, 2004.

Chaves,P. and T.Kojiri : Reservoir Optimization through Stochastic Dynamic Programming, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, pp.32-33, 2004.

菊池祥子・中塚隼平・T-S.Chong・小尻利治・堀智晴 : 水資源利用限界を考慮した大陸規模世界ダイナミクスモデル, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, pp.34-35, 2004.

相馬一義・田中賢治・中北英一・池淵周一 : 琵琶湖プロジェクト集中観測時の熱雷の再現と局地循環が果たした役割についての検討, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, PP.74-75, 2004.

萬和明,田中賢治,池淵周一 : 陸面過程モデルSiBUCによる灌漑を考慮に入れた全球土壌水分量分布の算定, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集,pp.82-83,2004.

浜口俊雄 : 不均質な透水係数分布同定における観測更新感度の向上, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, pp.86-87, 2004.

Smith,P.J.・関井勝善・小尻利治 : 遺伝的プログラミングと自己組織化マップによる流出流量モデルの誤差処理, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, pp.168-169, 2004.

石田祐宣・田中賢治・玉川一郎・樋口篤志・小野圭介 : 水平スケールの異なる熱収支とそのインバランス-琵琶湖プロジェクト面的集中観測(CAPS2002,2003)-, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, pp.226-227, 2004.

松島大・田中賢治・石田祐宣・玉川一郎・樋口篤志 : 航空機による地表面温度観測と顕熱フラックスのフットプリント解析 -琵琶湖プロジェクト面的集中観測(CAPS2002)-, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, pp.228-229, 2004.

山田賢治・甲山治・田中賢治・池淵周一 : 衛星による植生状態量及び地上気象データを用いた土地利用判別手法の構築, 水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集, pp.256-257, 2004.

浜口俊雄 : 限られた観測数での透水係数の不均一分布同定手法, 平成16年度農業土木学会講演要旨集, pp.384-385, 2004.

浜口俊雄 : 地盤統計学による透水係数分布のモデル化とパラメータ更新に対する感度影響評価, 第59回土木学会年次学術講演会講演概要集CD-ROM, II-20, pp.39-40, 2004.